ページの先頭です




本文の始まりです

実体顕微鏡

立体的な観察の実現

人は2つの目でモノを立体的に見ることができます。これを顕微鏡で実現したのが「実体顕微鏡」です。対象物の凹凸や遠近を視認できることから、工場での精密部品の検査や部品組立てなどに活用されています。実体顕微鏡の歴史は古く、初代機の登場は大正13年(1924年)まで遡ります。さらなる使いやすさと高性能を求め、現在も進化が続いています。

双眼実体顕微鏡XA双眼実体顕微鏡XA

双眼実体顕微鏡XA(1933)

双眼実体顕微鏡XAは、昭和8年(1933年)に発売された当社初の実体顕微鏡です。グリーノー式と呼ばれる光学系を採用しています。
当時は、検鏡解剖のために多く使用されました。ステージの両側には、ハンドレスト(手の肘を乗せる台)が装備され、作業しやすい設計になっています。対物レンズは3本。総合倍率は最高48倍でした。戦前は、この後、XB、XCというモデルが発売されました。


このページのトップへ
双眼実体顕微鏡X双眼実体顕微鏡X

双眼実体顕微鏡X(1959)

終戦後しばらくは、戦前に開発された実体顕微鏡を伊那工場で再生産していました。
戦前の実体顕微鏡は、対物レンズと接眼レンズの組み合わせを変えることで倍率を変更していました。この双眼実体顕微鏡Xは、回転ドラムを回して鏡筒内のレンズを切りかえることで、迅速な倍率変更を可能としています。また、鏡筒は傾斜のあるものを採用しています。


このページのトップへ
実体顕微鏡SZ実体顕微鏡SZ

実体顕微鏡SZ(1961)

国内で初となるズーム方式を採用した独創的な実体顕微鏡SZは、昭和36年(1961年)の発売です。観察しながら変倍環を回すと、ピントが合ったままの状態で視野と倍率が連続変化します。また、顕微鏡で、はじめてグッドデザイン賞(Gマーク)を獲得しました。
1970年代に入って、半導体工場での検査や組立てにも利用されはじめました。塗装色は、後にリップルパールに替わりました。さらに、平成元年(1989年)には、後継機種として新実体SZシリーズが発売されました。


このページのトップへ
宝石鑑別顕微鏡JM宝石鑑別顕微鏡JM

宝石鑑別顕微鏡JM(1967)

経済発展の中で沸き起こった宝石ブーム。しかし、ニセモノが市場に氾濫。本物とニセモノの識別が必要となりました。全日本宝石協会(現在の全国宝石学協会)の指導を受け、開発したのが宝石鑑別顕微鏡JM。昭和42年(1967年)の発売です。
鏡筒は実体顕微鏡SZ。照明系は、明・暗視野照明装置の他に、偏斜照明装置も付属。
ニセ宝石を御用! − JMは、天然ルビーやサファイヤ、エメラルド、ダイヤモンドなどの宝石鑑別に威力を発揮しました。


このページのトップへ
高級実体顕微鏡SZH高級実体顕微鏡SZH

高級実体顕微鏡SZH(1984)

1960年代、顕微鏡市場の7〜8割は、生物学系(生物学系研究所、医学系大学、一般の高校、医者や製薬会社)が占め、工業系は3割に満たないほどでした。しかし、1970年代に入って半導体産業が盛んになると、顕微鏡マーケットが激しく変化します。
ウェハーの検査や半導体製品の組み立て、検品などで、実体顕微鏡が大量に利用されるようになり、現在、市場に占める割合は、工業系の方が大きくなっています。
オリンパス初の本格的な高級実体顕微鏡システムSZHは、昭和59年(1984年)の発売。「平行光路単対物型」を採用した製品です。


このページのトップへ

本文の終わりです。

ページの先頭へジャンプします


  • カメラ壁紙ライブラリー
  • 米谷美久が語るOM開発秘話
  • オリンパス技術歴史館 瑞古洞(ずいこどう)



Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.