わくわく科学教室




わくわくプロジェクトの活動について

わくわくプロジェクトの活動について
わくわくプロジェクトの活動について

  • わくわく科学教室の紹介

地域の子どもたちに、科学の面白さ、特にオリンパスの得意分野である「光」のはたらきや不思議などを紹介するイベントです。

「子どもたちに科学の面白さを伝えたい」という願いのもと、2003年4月にわくわくプロジェクトというオリンパスグループ社員を中心としたボランティアサークルが発足し、そのサークルが中心となって、「わくわく科学教室」を運営しております。

地域の小中学校などと連携し、光に関する面白い実験や工作などを、子どもたちに興味を持ってもらえるよう、持ち前の専門知識も駆使しながら工夫し、実施しています。 オリンパスは今後も地域貢献活動に積極的に取り組んでまいります。

  • 社会への貢献

オリンパスは社会と融合し、社会に価値を提供するSocial Inという経営理念の下、“Your Vision, Our Future ~夢を創り、実現する力~”をコーポレートスローガンに事業展開しています。その実践には、当社のビジョンを人々に伝えると同時に、人々が当社に望むことを知る双方向のコミュニケーションが欠かせません。

「わくわく科学教室」を運営する社内ボランティアサークル「わくわくプロジェクト」は、子どもたちの科学離れ対策に貢献したい、自分たちの仕事を広く紹介したい、社会との直接のつながりを持ちたいという社員の想いからの自発的な取り組みの一つです。

  • わくわくプロジェクトリーダーより
わくわくプロジェクトリーダー中村透

わくわくプロジェクト
リーダー中村透

わくわく科学教室は、オリンパスの若い社員からの「人と直接に接して、わくわくするような活動がしたい」との声に突き動かされて、近所の小学校から始めた活動です。昨今言われている科学離れの対策に何らかの貢献がしたい、自分たちの仕事を知ってほしいという想いが根底にありました。最初はここまで大きな活動になるとは思っていませんでしたが、スタートしてから約11年間で、活動に参加した子どもたちの数は延べ1万人以上、関わったボランティアスタッフの数は延べ1800名以上という規模になりました。この活動に共感して下さる本当に多くの方々のおかげです。これからも感謝の気持ちを忘れず、継続していきたいと思っております。


ページの先頭へジャンプします




Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.