ページの先頭です

わくわく科学教室




本文の始まりです

光イリュージョン(補色残像)


光イリュージョン(補色残像)
  • 対象年齢:小学校低学年
  • 難易度   : やさしい
  • 所要時間:10分

ねらい

人の目の性質について、マジック形式で体感することができます。ぜひチャレンジしてみてください。

学習内容
  • キーワード:補色・残像・色・目
材料
実験
  • スタートボタンをクリックすると、補色画像が表示されます。10秒間できるだけ瞬きをしないように、しっかり黒い点を見てください。
  • 10秒後、マウスのカーソルを画像にあわせると補色画像が白黒画像に切り替わります。すると、白黒画像に色が付いて見えます。
1.コスモス畑

1.コスモス畑

スタート


2.ネコ

2.ネコ

スタート



3.街並(1)

3.街並(1)

スタート


4.街並(2)

4.街並(2)

スタート



子どもたちへの説明

子どもたちへの説明の例をご紹介します。

説明用資料のダウンロードはこちら 【zip:2,638KB】
(1.カラー写真/2.白黒写真/3.補色写真/4.補色の関係説明図)

子どもたちへの説明(1)

セリフ
「マジックで白黒写真の色を一瞬だけカラフルに変えてみたいと思います。この写真に描かれたものは、何でしょうか?」

説明

  • 【2.白黒写真】を見せて、白黒写真をカラー写真に変える説明をする(紙で印刷すればわかりやすいです)

子どもたちへの説明(2)

セリフ
「この中心の黒いところを、瞬きをしないようにじっと見てください。黒い点を見ながらみんなで10秒数えて、数え終わったら“光イリュージョン”と言いましょう」

説明

  • 【3.補色写真】を使って黒い点を見るように伝える
  • 【2.白黒写真】と【3.補色写真】をすばやく切り替えることがポイント(部屋を暗くしたほうが画像が見やすくなります)

子どもたちへの説明(3)

セリフ
「どうでしょう?色が変わって見えたかな?今日見たマジックは、光の特性を利用したものです。実は、種もしかけもありません。これは人間の目の特性を利用したものです」
(詳しい説明はしくみページをご参照ください)

説明

  • 【4.補色の関係説明図】を使って原理の説明をする

本文の終わりです。

ページの先頭へジャンプします


印刷ページへ


Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.