ページの先頭です




本文の始まりです


1999年 8月24日

大光量・高精度、撮影範囲が広がる
世界初、デジタルカメラ「CAMEDIA」シリーズ専用

外部フラッシュ登場!「FL-40」新発売
FL-40
「FL-40」
オリンパス光学工業株式会社(社長:岸本  正壽)は、世界で初めてデジタルカメラ用として開発された外部フラッシュ「FL-40」(希望小売価格:50,000円)を1999年 9月15日より新発売いたします。
当社の一眼レフデジタルカメラに使用できる、大光量で高精度な外部フラッシュとなります。
デジタルカメラの使用用途がビジネスユースのみならず、趣味などの個人ユースまで急速に広がりつつある現在、様々なシーンを撮影できる多彩な撮影機能を持つデジタルカメラや撮影範囲をさらに広げるためのアクセサリなどのニーズも確実に高まってきました。
この度新発売する「FL-40」は、最大ガイドナンバー40の大光量、CCDのラチチュードの狭さにも対応できる1/8EV*毎の高精度な光量制御と、画像の隅々まで美しく照らすフラットな配光特性を特長としています。
「CAMEDIA C-2500L」に装着するだけでカメラとの通信機能によりTTL AUTO制御が可能になります。また、フラッシュ側ではオート/マニュアル調光等の光量制御が行えます。さらに、内部フラッシュとの併用もできます。例えば、室内のバウンス角度を利用して外部フラッシュをバウンスさせ、内蔵フラッシュでキャッチライト効果を得るなど、高度なフラッシュ撮影が楽しめます。
* C-2500Lとの通信時のみ有効、カメラ側からの露出補正可能レベルは1/3EV刻み
製品名 メーカー希望
小売価格(税別)
発売日
専用外部フラッシュ:FL-40 50,000円 1999年9月15日
「FL-40」の主な特長
1.  大光量
  WIDE側GN26とTELE側GN40の設定が自動切替となります。大光量で思いのままの撮影が可能になります。
2.  高精度な光量制御
  1/2~1EVでの制御となる通常の外部フラッシュに比べて、「FL-40」では1/4EVでの制御が可能になりました。カメラの多彩なフラッシュモードと連動すれば、撮影範囲が広がります。
3.  フラットな配光特性
  被写体の周辺を-0.5EVで抑えられる、より精鋭な配光特性を実現しました。これにより、画像の隅々まで美しい撮影が可能になります。
「FL-40」の主な仕様
形式 デジタルスチルカメラ用外部フラッシュ
ガイドナンバー 自動切替:TELE=40 WIDE=26
ワイドパネル使用:18
照射角度 自動切替
WIDE:上下58°、左右:70°(28mmレンズの画角をカバー*
TELE:上下28°、左右34°(80mmレンズ画角をカバー*)
ワイドパネル使用時:上下70°、左右86°(21mmレンズの画角をカバー*)
*35mmフィルム換算
発光回数
(フル発光時)
約100回
 (単3アルカリ電池使用時、撮影条件により異なる)
約80回
 (ニッケル水素電池、ニッカド電池使用時、撮影条件により異なる)
充電時間 約10秒
 (単3アルカリ電池使用時、フル発光してからチャージランプ点灯まで)
約8秒
 (ニッケル水素電池およびニッカド電池使用時)
発光モード TTL AUTO、R-TTL AUTO、AUTO、MANUAL
オートパワーオフ 通信可能なカメラのオートパワーオフに連動
バウンス角度 上側:0~90°左側:0~90°右側:0~180°
AFイルミネータ 通信可能なカメラとの組み合わせ時のみ低輝度で自動照射
有効距離の目安(カメラの機種によって異なります)
近距離側 約1.5mから
遠距離側 3~7mまで
電源 1.5V単3アルカリ電池4本(ニッカド電池、ニッケル水素電池使用可能)
サイズ・質量 132(H)×77(W)×116.5(D)mm(突起部含まず)、350g(電池別)
同梱品 ケース、ワイドパネルアダプタ
オリンパス光学工業株式会社は、2003年10月1日をもってオリンパス株式会社と社名変更いたしました。
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.