ページの先頭です




本文の始まりです


2002年 9月27日
~手術の効率化と経済性向上を実現~
世界初、超音波凝固切開と超音波吸引を機能統合した新手術システム
「超音波手術システム SonoSurg(ソノサージ)
「超音波手術システム SonoSurg」(上段:ソノサージジェネレーター、下段:ソノサージイリゲーションユニット 手前:超音波凝固切開・超音波吸引用プローブ各種)
「超音波手術システム SonoSurg」
(上段:ソノサージジェネレーター、下段:ソノサージイリゲーションユニット
手前:超音波凝固切開・超音波吸引用プローブ各種)
オリンパス光学工業株式会社(社長:菊川 剛)は、手術の効率化と経済性向上を目的として、内視鏡下外科手術や開腹手術で広く使用されている超音波凝固切開*1と超音波吸引*2の機能を世界で初めて統合した手術システム「超音波手術システム SonoSurg」を発売注1します。同時に、本システムの超音波エネルギーを利用した世界初の「超音波トロッカー*3」も発売します。
※1 「超音波手術システム SonoSurg」の内、ソノサージジェネレーター「SonoSurg-G2」は超音波発振装置として発売中。
「超音波手術システム SonoSurg」の発売の概要
製品名 発売時期
超音波手術システム
SonoSurg※2
ソノサージジェネレーター
「SonoSurg-G2」※3
発売中
ソノサージイリゲーションユニット
「SonoSurg-IU」
2002年10月 1日
超音波トロッカー 2002年10月 1日

※2 ソノサージジェネレーター「SonoSurg-G2」とソノサージイリゲーションユニット「SonoSurg-IU」のユニット販売
※3 超音波凝固切開プローブとの組み合わせにより、超音波凝固切開装置として利用可能
主な特長の概要
  1. 1つのシステムで超音波凝固切開と超音波吸引が可能
  2. 用途・予算に応じたシステム構築が可能
  3. 各種安全機構による高い信頼性
  4. 世界初の超音波トロッカーが使用可能
  5. 電気メスと接続し高周波による処置が可能
  6. プローブ類はオートクレーブ滅菌*4対応で再使用可能
超音波トロッカー
「超音波トロッカー」
市場導入の背景
超音波を利用した手術装置は、血管等の組織を剪んで凝固切開する超音波凝固切開装置と、超音波振動により組織を破砕・乳化し吸引する超音波吸引装置が従来から別々の装置として販売され、市場で広く利用されています。

「超音波手術システム SonoSurg」は、これら超音波凝固切開と超音波吸引の2種類の機能を統合することにより、機器の設備投資の削減や手術室の省スペース化を実現しました。また、超音波凝固切開と超音波吸引に使用するプローブは電気メスに接続が可能なため、より効率的な止血及び膜状組織の切開により手術効率を高めます。

さらに、内視鏡下外科手術において腹腔・胸腔に内視鏡や処置具を挿入する穴をあける為にトロッカーが使われますが、本システムの超音波エネルギーを利用して出血を抑えながらスムーズに刺し込むことが可能な「超音波トロッカー」を世界で初めて開発しました。なお、超音波凝固切開と超音波吸引のプローブ類、及びトロッカーは、従来その多くがディスポーザブル(使い捨て)品であったのに対し、本システムではオートクレーブ滅菌が可能なリユーザブル(再利用)品にすることで、手術コストの大幅な削減に繋がります。

現在、国内の医療制度改革が進む中、病院経営の効率化がクローズアップされています。当社はこの点に着目し、手術機器の機能統合による設備投資の削減、また消耗品のリユーザブル化による手術コストの削減など、病院経営にソリューションを提供します。

当社は、今後も手術の安全性向上はもとより、手術の効率化及び経済性をも考慮した手術機器を提供していくことにより医療の発展に貢献していきたいと考えています。
主な特長の詳細
  <「超音波手術システム SonoSurg」の主な特長>
  1. 1つのシステムで超音波凝固切開と超音波吸引が可能

    設備投資の削減と手術室スペースの有効活用が可能です。また、肝臓切除等の手術手技では、両方の機能を併用することで手術の効率化が図れます。

  2. 用途・予算に応じたシステム構築が可能

    超音波発振装置(ソノサージジェネレーター)、送水ユニット(ソノサージイリゲーションユニット)、吸引ユニット、高周波電源装置等が独立したユニットで構成されています。各ユニットの組合せにより、用途・予算に応じたシステム構築が可能なため、経済的な設備投資が可能です。

  3. 各種安全機構による高い信頼性

    プローブの破損・緩み・振動子故障、連続出力時間超過等を検知し、異常表示・警告音で告知する安全機構を備えています。より安全で、効率的な手術を可能とします。

  4. 世界初の超音波トロッカーが使用可能

    本システムの超音波エネルギーを利用した超音波トロッカーが使用可能です。超音波振動のエネルギーをトロッカーに伝えることでスムーズな挿入が可能となり、臓器損傷の危険性が軽減できます。また、超音波振動による組織凝固作用で、出血も最小限に抑えられます。

  5. 電気メスと接続し高周波による処置が可能

    プローブに電気メスを接続し、高周波エネルギーの通電が可能です。超音波では不得意とされる効率的な止血及び膜状組織の切開がより安全に行なえます。

  6. プローブ類はオートクレーブ滅菌対応で再使用可能

    超音波凝固切開用プローブ、超音波吸引用プローブ、超音波トロッカー及び、超音波振動子はオートクレーブ滅菌が可能なリユーザブル品です。これにより、手術コストが大幅に削減できます。

    (※ ソノサージイリゲーションユニットの送水・吸引チューブ、超音波トロッカーのシース等、一部ディスポ-ザブル品があります。)
<ソノサージジェネレーター「SonoSurg-G2」の主な特長>
  1. 十分な凝固と素早い切開を両立した超音波凝固切開

    安定した超音波発振出力により、十分な凝固と素早い切開が可能です。優れた凝固切開能力により、確実かつ効率的な手術を行なえます。

  2. 安定した超音波出力による高い信頼性

    安定した超音波発振は、プローブへの組織・血液等の付着による発信停止、術中のプローブ洗浄の手間・処置の中断を少なくすることにより効率的な手術につながります。
 <ソノサージイリゲーションユニット「SonoSurg-IU」の主な特長>
  1. ハイパワーの超音波吸引

    強力な超音波発振と吸引能力により、効率的な処置が行なえます。

  2. 内視鏡下外科手術及び開腹手術用プローブをラインアップ

    内視鏡下外科手術用のロングタイプ及び開腹手術用のストレートタイプ・屈曲タイプのプローブをラインアップすることで、手技に応じて最適なプローブを選択できます。
*1  超音波凝固切開
プローブ先端のシザースに超音波振動を伝達させ、機械的振動の摩擦熱で周辺組織を出血しないように凝固させながら、組織・血管等の切開を行います。
*2  超音波吸引
超音波振動するプローブにより、実質臓器や脂肪組織を破砕、乳化しそれを吸引します。弾力性がある組織は超音波振動エネルギーを吸収するため、血管、神経等は温存されます。この組織選択性により、脂肪、腫瘍などの組織を容易に吸引できます。
*3  超音波トロッカー
トロッカー(内針)を外套管と組み合わせた状態で腹部・胸部に刺し込み、その後内針を抜き外套管のみを残し空洞をつくります。従来のトロッカーは術者の力で腹部・胸部に刺し込む為に、かなり強い力を必要としましたが、超音波振動のエネルギーをトロッカーに伝えることにより、ほとんど力を加えることなく挿入が可能となり、臓器損傷の危険性が軽減できます。また、超音波振動の摩擦熱により穿刺穴付近の組織を凝固する為、出血も最小限に抑えられます。
*4  オートクレーブ滅菌
高圧水蒸気による滅菌により、滅菌物に毒性を残さずランニングコストも安いため、安全性と経済性に優れています。また、滅菌所要時間も10分~60分と短時間のため、迅速性にも優れた滅菌方法です。
主な仕様
超音波周波数 23.5kHz / 47kHz 自動切換え
超音波出力(最大) 150W(間欠出力)、100W(連続出力)
超音波凝固切開プローブ 内視鏡下外科手術用7種類
開腹手術用3種類
※オートクレーブ滅菌対応、リユーザブル品
※電気メスとの接続可能
超音波吸引プローブ 内視鏡下外科手術用1種類
開腹手術用2種類
※オートクレーブ滅菌対応、リユーザブル品
※電気メスとの接続可能
超音波トロッカー φ5.5 mm、φ11 mm、φ13 mm
※オートクレーブ滅菌対応、リユーザブル品
※ただし、シースのみディスポーザブル品
オリンパス光学工業株式会社は、2003年10月1日をもってオリンパス株式会社と社名変更いたしました。
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.