ページの先頭です




本文の始まりです


2007年10月16日

オリンパスICレコーダーの最上位機種に歴史教科書の朗読データを収録

『 Voice-Trek(ボイストレック)G-20 』(2GBモデル)新発売

高性能マイクと指向性マイクモード、最新のサラウンド方式により、
高音質録音と高音質再生を実現

ICレコーダー 「Voice-Trek G-20」

ICレコーダー 「Voice-Trek G-20」

オリンパスイメージング株式会社(社長:大久保 雅治)は、オリンパスICレコーダーの最上位機種にあらかじめ歴史教科書(日本史・世界史)の朗読データを収録した「Voice-Trek G-20」を、当社のオンラインショップおよび三省堂書店をはじめとした全国の主要書店を通じて2007年10月26日から発売します。

主な特長

  • 歴史教科書(日本史・世界史)を朗読した音声データをあらかじめ収録
  • 高性能マイク(着脱式)と「指向性マイクモード」、最新のサラウンド方式により、高音質録音と高音質再生を実現
  • HDD内蔵ラジオレコーダー「ラジオサーバーVJ-10」の録音データを簡単転送可能

「Voice-Trek G-20」は、オリンパスICレコーダーの最上位機種に、HDD内蔵ラジオレコーダー「ラジオサーバーVJ-10-JB」で好評の歴史教科書(高等学校用)の朗読データを収録しています。携帯性にすぐれたICレコーダーなので、移動中の学習や、史跡めぐりの旅行等にも便利です。また、ICレコーダーとしての性能は、2GBの大容量メモリーを搭載しながら、高性能マイク(着脱式)と「指向性マイクモード」、最新のサラウンド方式による高音質録音と高音質再生を実現しています。さらに、「Voice-Trek G-20」には「ラジオサーバーVJ-10」で録音した過去1週間分の音声データを簡単にまとめて転送できる機能を搭載しており、「ラジオサーバーVJ-10」と併用することで、“録音&携帯”が便利になります。

本機に収録された歴史教科書のファイル容量は760MBあります。録音領域はその分少なくなります。

発売の概要

製品名 オンライン販売価格(税込) 発売日
ICレコーダー
「Voice-Trek G-20」
29,800円 2007年10月26日

主な特長の詳細

  1. 歴史教科書(日本史・世界史)を朗読した音声データをあらかじめ収録
    文部科学省検定済教科書を声優が朗読した「<<三省堂 聞く教科書シリーズ>> 高等学校 日本史・世界史」の音声データをあらかじめ収録しています。日本史・世界史とも、時代ごとに6つの編(古代、中世、近世、近代、現代、戦後)に分かれており、日本史は合計約12時間48分、世界史は合計約14時間23分の音声データで、教科書2冊分の歴史学をじっくりお楽しみいただけます。「Voice-Trek G-20」は携帯性に優れているので移動中の学習や、史跡めぐりの旅行等にも便利です。また、デジタルデータは検索性に優れているので、時代順だけでなく、聞きたい箇所をすぐに見つけて聞くことができ便利です。
  2. あらかじめ収録されている「<<三省堂 聞く教科書シリーズ>> 高等学校 日本史・世界史」の音声データの一部は当社のwebサイト(http://olympus-imaging.jp/audio/)で試聴することができます。また、収録データの目次一覧も確認することができます。
    あらかじめ収録されている「<<三省堂 聞く教科書シリーズ>> 高等学校 日本史・世界史」は、DRM9の著作権保護がかかっており、他の機器やPCに転送しても再生することができません。
    教科書、CDは同梱されておりません。
  3. 高性能マイク(着脱式)と「指向性マイクモード」、最新のサラウンド方式により、オリンパスICレコーダーの最上位機種と同等の高音質録音と高音質再生を実現
    高性能マイク(着脱式)により、当社ICレコーダー最高音質録音を実現
    当社最新のステレオマイクユニットを採用するとともに、回路も最適化することにより、録音時の明瞭感が増し、録音時のノイズの少なさを示す「録音S/N比(Signal to Noise ratio)」を向上させることで静かな環境下でもノイズの少ないクリアな録音を可能にしました。
    新設計「指向性マイクモード」により、離れた場所の音源もクリアに録音
    最新の指向特性制御技術「DVM」を採用することで、「ステレオ録音モード」に加え、「指向性マイクモード」による録音が可能です。「指向性マイクモード」では、側面方向からの雑音を低減し、正面方向に指向特性を持たせた録音ができるので、講演会や講義など離れた場所の音源を従来機種以上にクリアに録音することができます。広がり感のある録音ができる「ステレオ録音モード」と切り替えて使用することで、幅広い用途に応じた録音が可能です。
    最新のサラウンド方式「EUPHONY MOBILE(ユーフォニーモバイル)」により迫力ある高音質再生を実現
    再生方式には、臨場感を高める最新のサラウンド方式「EUPHONY MOBILE」を採用。映画館やプロの音響機器向けであった「EUPHONY」のモバイル版を搭載し、長時間聴いても疲れにくい快適なサラウンド音質を実現しました。「EUPHONY MOBILE」を設定するとダウンロード時などに圧縮されて劣化した音を復元・拡張することができます。失われた高音域をバランスよく補完し、同時に低音域を豊かに拡張するので、原音に近い「本物のリアルな音」を楽しめます。設定はお好みに合わせて4段階(Natural、Wide、Power、OFF)にレベル調整できます。
  4. HDD内蔵ラジオレコーダー「ラジオサーバーVJ-10」の録音データを簡単転送可能
    「Voice-Trek G-20」には「ラジオサーバーVJ-10」で過去1週間以内に録音した音声データを簡単にまとめて転送できる機能を搭載しているので、「ラジオサーバーVJ-10」と併用することで、“録音&携帯”が便利になります。例えば、「ラジオサーバーVJ-10」で録音したラジオ放送の語学番組や深夜番組などの1週間分のデータを「Voice-Trek G-20」にまとめて転送し、外出先で聴くことも可能です。
    本機能の使用には「ラジオサーバーVJ-10」のファームウェアを最新にする必要があります。

その他の特長

  • 離れた場所の音源も録音できる「高感度モード」を搭載
  • 3つのノイズ除去(ノイズキャンセル、ローカットフィルター、音声フィルター)機能搭載
  • 語学学習や会議録音に便利な9段階の早聞き・遅聞き機能を搭載
  • インターネットから音声ファイルをダウンロードできるポッドキャストに対応
  • 大型の液晶表示
  • 書き起こしに便利な別売りのフットスイッチ「RS-27」に対応

「Voice-Trek G-20」の主な仕様

記録形式 録音方式:WMA(Windows Media Audio)形式によるデジタル記録
再生方式:WMA、MP3
記録媒体
(内蔵型フラッシュメモリー)
2GB
フォルダー数 音声レコーダー部:5フォルダー(A、B、C、D、E)
音楽プレイヤー部128フォルダー
最大録音件数 1000件(各フォルダー200件)
総合周波数特性 ステレオXQモード:50~19,000Hz /ステレオHQモード: 50~16,000Hz/ステレオSPモード:50~9,000Hz/HQモード: 50~13,000Hz/SPモード:100~8,000Hz /LPモード:100~3,000Hz
記録時間 ステレオXQモード:35時間10分/ステレオHQモード:70時間25分/ステレオSPモード:140時間45分
HQモード:約140時間45分/SPモード:約277時間10分/LPモード:約551時間00分
スピーカー 直径23mm丸形ダイナミックスピーカー
MICジャック 直径3.5mm(インピーダンス1.4kΩ)
EARジャック 直径3.5mm(インピーダンス8Ω)
実用最大出力 250mW(スピーカー8Ω)
電池持続時間
(当社試験法による)
アルカリ電池使用時
     録音時:モノラルLP:約32時間
     再生時:スピーカー再生:約12時間/イヤホン再生:約26時間
ニッケル水素充電池使用時
     録音時:モノラルLP:約22時間
     再生時:スピーカー再生:約9時間/イヤホン再生:約20時間
電源 単4形電池(LR03/R03/ZR03)2本、またはニッケル水素充電池(BR401)2本
外形寸法 111(長さ) × 37.5(幅) × 16(厚さ) mm (最大突起部含まず)
質量 80g (マイク、アルカリ電池含む)
同梱品 専用ケース、CD(DSS player 7)、ステレオイヤホン、単4アルカリ電池2本、USBケーブル、取扱説明書
DVM TM DVMTM は、DiMAGIC(ダイマジック社)のマイクロホン指向性制御技術の商標です。
EUPHONY MOBILETM は、DiMAGIC(ダイマジック社)の仮想音源処理技術を含む総合的な音質向上技術の商標です。
※ 本機に収録された歴史教科書のファイル容量760MBを削除した場合
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.