ページの先頭です




本文の始まりです


2012年7月5日

日常生活で利用可能な

ウェアラブルディスプレイの試作機を開発

スマートフォンとの連携も可能に

日常生活で利用可能なウェアラブルディスプレイの試作機を開発 スマートフォンとの連携も可能に 日常生活で利用可能なウェアラブルディスプレイの試作機を開発 スマートフォンとの連携も可能に

オリンパス株式会社(社長:笹 宏行)は、日常生活で利用できる超小型ウェアラブルディスプレイの試作機「MEG4.0(メグ4.0)」※1を開発しました。Bluetooth®搭載で、スマートフォンなどとワイヤレス接続ができます。また、小型・軽量、低消費電力を同時に実現し、長時間の連続使用も可能になりました。

当社は、以前よりウェアラブルディスプレイの研究開発をしています。新たに開発した試作機「MEG4.0」は現在までに培った技術を結集したものです。当社独自の瞳分割シースルー光学系※2の採用により、外界の視界を遮らず自然にディスプレイの表示を見ることができます。また、表示パネルの光の利用効率を高め、低消費電力のまま高輝度を実現したため、屋外での視認性が向上しました。

日常生活での利用を考慮し、簡単に眼鏡へ着脱できる機構や、重量バランスの最適化による優れた装用性、違和感がないデザインを兼ね備えました。単なるディスプレイではなく、方位・加速度センサーも内蔵しているので、これらを利用した操作系インタフェースとしての応用や、GPSとの組み合わせによる幅広いアプリケーションへの展開が可能です。

※1 試作機のコードネーム
※2 瞳分割シースルー光学系
当社がウェアラブルディスプレイに採用している光学技術です。瞳孔径の半分程度の幅の棒状光学系で映像を表示するため、外界視界はほぼ100%確保されます。また、表示パネルの光が無駄なく利用されるため、低消費電力で明るい画面表示が実現できました。

主な特長

  1. 日常生活での長時間使用を想定し、小型・軽量、低消費電力を実現
  2. Bluetooth®搭載でスマートフォンなどとのワイヤレス接続が可能
  3. 独自光学技術により、ディスプレイと外界の両方の視界を確保
  4. 方位・加速度センサーを内蔵し、幅広いアプリケーションへの応用が可能

主な仕様

解像度 QVGA(320 × 240画素)
輝度 10cd/m2~2000cd/m2
無線方式 Bluetooth® Ver. 2.1
駆動時間 約8時間(ただし3分ごと15秒間の間欠表示/連続表示の場合は約2時間)
本体質量 30g以下(電池含む)
外形寸法 全長196mm
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。


本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.