ページの先頭です




本文の始まりです


2014年9月16日

最高の機動性でプロの要求に応えるフラッグシップ

「OLYMPUS OM-D E-M1」のアップグレードバージョンを発売

ファームウェアver. 2.0 搭載のシルバーボディー

「OLYMPUS OM-D E-M1」ボディー(シルバー) 「OLYMPUS OM-D E-M1」ボディー(シルバー)」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」

「OLYMPUS OM-D E-M1」
ボディー(シルバー)

「OLYMPUS OM-D E-M1」ボディー(シルバー)」
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」

オリンパスイメージング株式会社(社長:小川 治男)は、当社ミラーレス一眼カメラのフラッグシップ機「OLYMPUS OM-D E-M1」(「マイクロフォーサーズシステム規格」準拠)に、ファームウェア ver. 2.0を搭載したアップグレードバージョンを2014年10月下旬から発売します。

主な特長

  1. プロのスタジオ撮影で必須となる カメラコントロール機能
  2. 補正効果を確認しながら撮影できる デジタルシフト
  3. ライブビューを見ながら、光跡を生かした星景写真を撮影できる ライブコンポジット
  4. 情緒的表現力を高めた新アートフィルター「ヴィンテージ」と「パートカラー」
  5. 質感にこだわった シルバーボディー

「OM-D E-M1」は、ミラーレスならではのコンパクトなボディーに、防塵・防滴・耐低温性能を備えた当社ミラーレス一眼のフラッグシップ機です。ボディー同様の耐環境性と小型・軽量を誇る「M.ZUIKO PRO」のレンズ群との組み合わせにおいて、システムカメラとして最高の機動性を実現します。オリンパス最高画質をあらゆる環境で手に入れることができる、唯一のシステムとして高く評価されています。

今回、ファームウェア ver. 2.0では、スタジオ撮影で必須となるパソコンからのカメラコントロールシステムを搭載し、プロ機としての機能をさらに強化しました。また、新機能のデジタルシフト機能に加え、ライブコンポジット機能や、新しいアートフィルターなど、「OM-D E-M1」発売以降に開発された新機能を搭載し、フラッグシップに必要な機能を網羅します。

ファームウェア ver. 2.0は、新色のシルバーボディーに搭載して発売します。現在お使いの「OM-D E-M1」は、ファームウェア ver. 2.0にアップグレードすることで、すべての機能に対応します。

発売の概要

カテゴリー 製品名 希望小売価格 発売時期
マイクロフォーサーズ
規格準拠
レンズ交換式カメラ
OLYMPUS OM-D E-M1ボディー
(BCL-1580セット)
ボディー(シルバー)
+ ボディーキャップレンズ
「BCL-1580」
オープン価格 2014年
10月下旬

主な特長の詳細

1. プロのスタジオ撮影で必須となる カメラコントロール機能

スタジオ撮影で活躍するプロカメラマンの要望に応え、パソコンからのカメラコントロールシステムを搭載しました。新開発の専用アプリケーションソフト「OLYMPUS Capture」※1を使用して、プロカメラマンのワークフローを強力にサポートします。

カメラコントロールシステムでは、「OM-D E-M1」とパソコンをUSBケーブルでつないで、撮影や設定変更、撮影した写真のスピーディーな転送が行えます。パソコン上の「OLYMPUS Capture」にカメラのライブビュー映像がリアルタイムで表示され、パソコンに接続したまま、カメラ側・パソコン側のどちらからでも、切り替えなしで撮影可能です。

ミラーレス一眼カメラでは、ライブビューの出力のためにミラーアップする必要がないため、パソコン上にリアルタイムでライブビューを表示したまま、カメラ本体を操作することができます。これにより、パソコンの大画面での精密なピント合わせや、記録画像の確認、モデルやアシスタントへのスムーズな指示だしが可能になりました。カメラマンが、ストレスなく撮影に集中できる環境を整えるとともに、他の撮影関係者との連携力を高めます。

ミラーレスならではの小型軽量ボディーは、スタジオ内での取り回しや、ダイナミックなカメラワークにも柔軟に対応。パソコンとカメラを常に同じ状態で操作できる操作性とあわせて、プロのクオリティーとスピードを強力にサポートします。

2. 補正効果を確認しながら撮影できる デジタルシフト

シフトレンズを操作して撮影するのと同じ感覚で、台形補正/パースペクティブ強調ができる新機能です。ライブビューを見ながら、2つのダイヤル操作で簡単にシフト撮影ができます。特殊なレンズも必要なく、オートフォーカスも可能で、手持ち撮影もできるため、どこでも、誰にでも、どのレンズでも、手軽にシフト撮影が楽しめます。当社の防塵・防滴・耐低温レンズと組み合わせれば、雨の中でも撮影が可能。シフト撮影の幅がさらに広がります。

3. ライブビューを見ながら光跡を生かした星景写真を撮影できる ライブコンポジット

「OM-D E-M10」で高評を得ているライブコンポジット機能を搭載しました。通常のバルブ撮影では全体が明るくなりすぎるようなシーンでも、明るく変化した部分のみを合成することで、星の日周運動や花火、蛍の飛翔などの切れ目のない美しい光跡を表現できます。ライブバルブと同じように、仕上がりをモニターで確認しながらじっくりと撮影することが可能です。さらにフラッシュ撮影を併用し一瞬と時間の流れが共存した写真表現や、ペンライトを使って光文字を書いて楽しむこともできます。

4. 情緒的表現力を高めた新アートフィルター 「ヴィンテージ」と「パートカラー」

より情緒的な表現にまで踏み込むことにこだわった、デザイナー発の新しいアートフィルター「ヴィンテージ」と「パートカラー」を搭載しました。撮影者のイメージをより際立たせる、芸術的な写真表現を手軽に楽しむことができます。

1)新アートフィルター「ヴィンテージ」
何気ない日常の風景をノスタルジックに表現し、"時を経た特別な一枚"へと演出します。

1)-1.3つの仕上がりタイプ
タイプI・・・フィルムの光モレ、プリント焼けなどの変色効果でヴィンテージ調の作風に仕上げます。
崩れた色味のバランスが光の存在を強く感じさせる1枚になります。
タイプII・・・優しい色あせによる退色効果が、昔懐かしい写真のようなノスタルジックな作風に仕上げます。女性の肌を美しく魅せる効果があり、自分撮りに最適なフィルターです。
タイプIII・・・しっとりと落ち着いたトーンでオールドプリントのような上質さを感じられる作風に仕上げます。金属の質感などを効果的に演出します。

1)-2.新アートエフェクト「シェード効果」
左右(または上下)に陰影の帯を入れることで、広がりを感じさせる効果です。

2)新アートフィルター「パートカラー」
特定の色だけを抽出し、それ以外をモノトーンにすることで、表現したい部分を強調するアートフィルターです。被写体をより印象的に表現することができます。

2)-1.残す色を直感的に選べる「カラーリング」
メインダイヤルを回して、中間色を含めた全18色から、残したい色(強調したい色)を選びます。ライブビューに効果が反映されるので、直感的な色抽出が可能です。

2)-2.3つの仕上がりタイプ
タイプI・・・選択した色を中心とした自然なグラデーションで色を残し、被写体を際立たせます。
タイプII・・・選択した色以外にも少し色を残し、映画のワンシーンのような作風に仕上げます。
タイプIII・・・選択した色のみを残し、ひとつの色をより強く表現して仕上げます。

5. 質感にこだわった シルバーボディー

「OM-D E-M1」は、撮る場所を選ばない性能と機能を備えた、"プロフェッショナルが使う、本物の道具"です。デザイン面においても、プロフェッショナルの道具として、写真機の持つ魅力を追求しています。ブラックボディーでは、写真機としての機能美を追求しました。今回、新色のシルバーボディーでは、クラシカルな写真機らしさを追求しています。マグネシウムボディーの塗装は、フィルム時代のOMを受け継いだ、重厚なシルバーを採用。メタルダイヤルや操作部はアルミの削り出しで、そのカッティングラインがより美しく際立つシルバーに染め上げています。クラシカルなカメラらしさを感じる、重厚かつ華やかなシルバーです。

その他の機能と性能向上

  1. EVF表示タイムラグの向上
    フレームレートを高速に設定した際の表示タイムラグが16msecに向上しました。
  2. 新フォトストーリー「ズームイン/アウト」と「レイアウト」
    新テーマ「ズームイン/アウト」と「レイアウト」が追加されました。また、ホールド機能の追加により、撮影中の一時保存が可能になりました。時間を経た写真を組み合わせることで、撮影者自身の物語を、写真で表現することが出来るようになりました。
  3. 効果の多重掛けが可能になった ライブガイド※2
    複数の効果が同時に掛けられるようになりました。
  4. スマホ連携機能が充実した OI.Share
    リモート撮影機能がさらに進化し、セルフタイマー連写やインターバル撮影など、動きや表情のバリエーションが豊かな写真撮影を楽しめるようになりました。また、カメラは通常撮影状態のまま、スマートフォンからレリーズ操作が可能な「ワイヤレスレリーズモード」にも対応します。
  5. 新シーンモード 流し撮り
    被写体を追いかける動きに合わせて、自動で最適なシャッタースピードを設定します。
  6. 新ムービーエフェクト オールドフィルム効果
    ノイズ、傷、ホコリなどがランダムに現れ、画面が明滅することにより、フィルムで撮影した古い映画のような味わいが楽しめます。

関連アクセサリーの製品概要

製品名 希望小売価格 発売時期
カメラバッグ「CBG-10」 30,000円
(税込み 32,400円)
発売中
ソフトカメラケース「CS-42 SF」 8,400円
(税込み 9,072円)
グリップストラップ「GS-5」 3,600円
(税込み 3,888円)
ショルダーストラップ「CSS-P118」 4,200円
(税込み 4,536円)
ショルダーストラップ「CSS-P113」 4,200円
(税込み 4,536円)
パワーバッテリーホルダー「HLD-7」 23,500円
(税込み 25,380円)
水中プロテクター「PT-EP11」 119,000円
(税込み 128,520円)
水中フラッシュ「UFL-3」 オープン価格 2014年9月20日
※1 別途ダウンロード(無償)が必要です(http://app.olympus-imaging.com/olympuscapture/
※2 「背景をぼかす」と「動きを表現する」は多重掛けできません
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。

本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.