ページの先頭です




本文の始まりです


2015年2月5日

アプリで楽しむ一眼画質、オープンプラットフォームカメラ

「OLYMPUS AIR(エアー)A01」を発売

「OLYMPUS AIR A01ボディー」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」 (ホワイト/ブラック)

「OLYMPUS AIR A01ボディー」+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」
(ホワイト/ブラック)


オリンパスイメージング株式会社(社長:小川 治男)は一眼画質とスマートフォンでの操作を融合させ、アプリで新たな写真表現を楽しむカメラ「OLYMPUS AIR A01」を当社オンラインショップ(http://shop.olympus-imaging.jp/)限定で、2015年3月6日に発売します。

発売の概要

カテゴリー 製品名 オンライン
ショップ価格
発売日
マイクロ
フォーサーズ規格準拠
レンズ交換式カメラ
「OLYMPUS AIR A01ボディー」
(ホワイト/ブラック)
33,800円
(税込み 36,504円)
2015年
3月6日
「OLYMPUS AIR A01 14-42mm
EZレンズキット」
ボディー(ホワイト/ブラック)
+「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ※1
49,800円
(税込み 53,784円)
2015年
3月6日
※1 レンズ色は、ボディー色ホワイトの場合はシルバー、ボディー色ブラックの場合はブラックです
レンズと同色の自動開閉キャップ「LC-37C」が同梱されています

主な特長

  1. 撮影の楽しみを広げる個性的な8種類のアプリが登場
  2. マイクロフォーサーズ規格の一眼画質、レンズ交換により広角、望遠、マクロも自在
  3. 本体重量147g※2。スマートフォンとの組み合わせによる自由度の高い撮影スタイル
  4. ガイド機能による簡単な初期設定。撮影時にもアプリを立ち上げるだけの高速起動
※2 CIPA準拠 バッテリーおよびメモリーカード含む

「OLYMPUS AIR」は連動したスマートフォンによる直感的な操作で、撮影から画像の加工、SNSへのアップまでを行なえる新しいコンセプトの製品です。最近はSNSなどの投稿、活用の普及により写真撮影の頻度は以前とは比較にならないほど増え、写真を身近な存在と感じているユーザーが増加しています。一方では単なる記録ではなく、クオリティの高い、いわゆる一眼画質が欲しいという要望も増えてもいます。そうしたユーザーに向け、撮影体験と自由度を高める新しいコンセプトのカメラとしてAIR(空気)という新ブランドの製品「OLYMPUS AIR A01」を発売いたします。従来、クリエイティブな写真を撮るには、撮影の知識や複雑なカメラ設定が必要でしたが、「OLYMPUS AIR A01」では、難しかった撮影設定はスマートフォンアプリが解決し、スマートフォンの操作だけで、思い通りの1枚が撮影できます。

「OPC※3 Hack & Make Project」による新しい映像・写真体験の開拓

オリンパス株式会社及びオリンパスイメージング株式会社は、2014年より新しい映像、写真体験を開拓するための研究活動の一環として、日本国内において「OPC※3 Hack & Make Project」に取り組んでいます。本活動においては、近年急速に広まっている「オープンプラットフォーム」の考え方を撮像機器に適用したカメラのプロトタイプ及び、プロトタイプ用SDK(アプリ開発キット)や3Dデータなどオリンパス技術の一部を一般に公開し、ディベロッパーやクリエーターと共に新しい映像、写真体験の探索活動を行って参りました。「OLYMPUS AIR A01」の発売に際して、本製品を使って「OPC※3 Hack & Make Project」の活動が行えるように、SDKや3DデータをWebサイト上で公開します。そしてデベロッパー・クリエーター・ユーザーと共に新しい映像、写真体験の実現に向けてプロジェクトを進め、各種のアプリケーション、アクセサリーの登場を促進することで、お客様に「OLYMPUS AIR」をより一層お楽しみいただけるよう取り組んで参ります。

※3 OPCは広く一般的に認識されている「Open Platform」の理念を「Camera」に適用したことを表す略称です。

主な特長の詳細

1. 撮影の楽しみを広げる個性的な8種類のアプリが登場

用途に合わせて選択できるスマートフォンアプリを8種類用意。スマートフォンの簡単操作で一眼画質の写真が撮影できます。今後は上記の「OPC※3 Hack & Make Project」の活動を通じて様々なアプリの登場を促進することで、「OLYMPUS AIR」の世界を広げるよう取り組んで参ります。

1)1回の撮影で6パターンの写真が楽しめるOA.Genius

被写体に最適なフレーミング、色、明るさ、エフェクト、組み合わせを自動認識し1回の撮影で6枚の写真を生成、記録するアプリです。生成された6枚からお気に入りに登録すれば、次からOA.Geniusを起動させるだけで、同じ撮影設定のまま撮影ができます。

2)写真を印象的に仕上げる OA.ArtFilter

当社のデジタルカメラに搭載され、好評のアートフィルターが使える写真撮影アプリです。
14種類のアートフィルターと9種類のアートエフェクトの組み合わせを楽しめます。

3)色の明るさの変化で新たな表現をする OA.ColorCreator

色彩や彩度、明るさを細かいレベルで自在にコントロールできるアプリです。
イメージしづらかった色の演出を、ユーザーインターフェイス「カラーリング」や「トーンカーブ」を使って感性の赴くままに操れます。

4)何気ない日常を複数視点で表現するOA.PhotoStory

当社のデジタルカメラに搭載され、好評のフォトストーリーが使えるアプリです。
1シーンを複数視点から撮影して1枚の作品に組み合わせることで、日常の風景や思い出のシーンを多彩に演出することができます。

5)一眼の操作系で交換レンズの価値を活かすOA.ModeDial

デジタル一眼の一連の操作をスマートフォンでできるアプリです。シャッタースピードや絞りを自在にコントロールし、写真表現の幅を広げます。また、「OLYMPUS AIR」を三脚などに固定すれば、離れたところからもスマートフォンを使ったリモート撮影がおこなえます。

6)ショートムービーの撮影・編集を楽しむ OA.Clips

スマートフォンの直感的な操作でショートムービー「Clips」を作成するアプリです。
複数のショートムービーをつなぎ合わせ、エフェクトやBGMを加えて、1つのムービーに仕上げます。

7)撮影した写真をスマートフォンで閲覧、編集する OA.Viewer

マイクロSDカード内のデータをスマートフォンで閲覧、編集できるアプリです。
アスペクト比の変更やトリミングなどの編集機能に加え、スマートフォンに保存された音楽をBGMにしたスライドショー機能も備えています。

8)「OLYMPUS AIR」を使うための基本アプリ OA.Central

「OLYMPUS AIR」とスマートフォンをつなぐための基本アプリです。
接続のための準備や、Bluetooth、Wi-Fiの設定までの流れをサポートするほか、1)から7)のアプリをストアまで誘導します。

2. マイクロフォーサーズ規格の一眼画質、レンズ交換により広角、望遠、マクロも自在

カメラの画質はレンズ、イメージセンサー、画像処理エンジンの3つのバランスで決まります。「OLYMPUS AIR」はマイクロフォーサーズマウントを採用することで、ミラーレス一眼「OM-D」、「PEN」に開発された高性能の「M.ZUIKO DIGITAL LENS」群をフルに活用できます。また、イメージセンサーと画像処理エンジンには、「OM-D」、「PEN」最新モデルと同等の豊かな階調再現と暗いシーンの高感度 撮影に強い「1605万画素 Live MOSセンサー」とレンズの描写力を最大限に引き出す画像処理エンジン「TruePicVII」を搭載し、さまざまなシチュエーションで一眼トップクラスの高画質を得ることができます。加えて高速、高精度なオートフォーカスを実現した「FAST AF」システムを採用しました。スマートフォンの画面上でピントを合わせたい場所をタッチするだけで、瞬時にピントが合い同時にシャッターが切れるので、ストレスを感じさせない操作系となっています。

3. 本体重量147g※2。スマートフォンとの組み合わせによる自由度の高い撮影スタイル

いつでもどこへでも持ち運びできる小型・軽量ボディーに、右手でも左手でも快適に撮影できるシントメリックデザインを採用しています。スマートフォンとの通常の撮影から、ハイアングル、ローアングル、自分撮り、夜景撮影、リモート撮影など、撮影が難しかったアングルからユニークなアングルまで自由自在に撮影できます。さらに、タブレットデバイスを使用すれば、カメラのファインダーや背面モニターでは難しかったマクロ撮影でのフレーミングや、精緻なピントあわせ、露出のコントロールの認識がおこないやすくなります。このように「OLYMPUS AIR」は持ち歩く喜びと、撮る喜びを満足させる新しいスタイルのカメラです。

4. ガイド機能による簡単な初期設定。撮影時にもアプリを立ち上げるだけの高速起動

「OLYMPUS AIR」とコントローラとなるスマートフォンは、BluetoothとWi-Fiで通信を行ないます。煩わしい初期設定は、ガイドに従って4ステップで完了し、難しいとされていたWi-Fi認証もボディー背面にあるQRコードを読み込むだけの簡単接続で完了します。また、一度設定を行なえば、アプリを立ち上げるだけで「OLYMPUS AIR」が自動起動、素早く撮影体制に入ります。アプリ連携機能を使って「OA.Central」が各アプリの接続確立を行うため、難しい接続設定を行なう必要がありません。カバンの中に入れたまま、アプリ「OA.Viewer」を起動させ写真の閲覧、編集することも可能です。

その他の特長

  • 動きの速い被写体を捉える1/16000超高速シャッター、最高10コマ/秒の高速連写
  • 最大3倍のデジタルズームとデジタルテレコン機能
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。

本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.