ページの先頭です




本文の始まりです


2015年4月21日

F2.0※1の明るいレンズで、厳しい環境下でも高画質に残せる
Toughシリーズのフラッグシップモデル

コンパクトデジタルカメラ
「OLYMPUS STYLUS(スタイラス) TG-4 Tough」を発売

「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」(左:ブラック/右:レッド)

「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」(左:ブラック/右:レッド)


オリンパス株式会社(社長:笹 宏行)は、「防水」「防塵」「耐衝撃」「耐低温」「耐荷重」の5大タフ性能に加えて、暗所の撮影に強いF2.0※1 の明るいレンズ、進化したマクロシステム、上級者の要望に応える多彩な新機能を搭載し、アウトドアの撮影に大きな効果を発揮するコンパクトデジタルカメラ「OLYMPUS STYLUS(スタイラス)TG-4 Tough」を、2015年5月22日(金)に発売します。

発売の概要

カテゴリー 製品名 希望小売価格 発売予定日
コンパクト
デジタルカメラ
「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」
(ブラック/レッド)
オープン価格 2015年5月22日

主な特長

  1. F2.0※1の明るい大口径レンズで、暗いシーンでも、ぶれを抑えて高い画質
  2. 防水性能15m※2、防塵※3、耐落下衝撃2.1m※4、耐低温-10℃※5、耐荷重100kgf※6の5大タフ性能
  3. マクロ写真の表現を広げるバリアブルマクロシステム
  4. スマートフォンと連携するWi-Fi※7と高精度なGPS※8
  5. 「RAW記録」や「AFターゲット選択」など上級者の要望に応えた多彩な機能を新搭載
※1 35mm換算の焦点距離25mmの広角において
※2 防水性能は、JIS/IEC保護等級8(IPX8)相当、当社試験条件によります
※3 JIS/IEC保護等級6(IP6X)相当(当社試験条件によります)
※4 当社試験条件によります
※5 撮影可能枚数は少なくなります
※6 kgfは物体にかかる力の単位、当社試験条件によります
※7 Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です
※8 GPSについては、国や地域によって定められた法律があります。必ずそれに従ってください。飛行機内などGPS機能の使用を禁止されている場所では必ず設定をOFFにしてください。GPSアシストデータの更新には、PCアプリ「A-GPS Utility ソフトウェア」もしくはスマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Track」が必要です

「Toughシリーズ」は、「防水」「防塵」「耐衝撃」「耐低温」「耐荷重」の5大タフ性能を備え、水中や雪山登山など、従来のカメラが苦手としていた場面でも安心して撮影できることをコンセプトとしたモデルです。同シリーズのフラッグシップモデルである「OLYMPUS STYLUS TG-3 Tough」は、強力なタフ性能、F2.0※1の高性能レンズ、顕微鏡のような拡大撮影ができる充実のマクロ機能で厳しい環境下でも高画質を実現するカメラとしてご好評を頂いております。今回発売する「OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough」では、「TG-3 Tough」の機能に加え、より使いやすくなったバリアブルマクロシステムと、上級者から要望の多かった「RAW記録」、「AFターゲット選択」などの新機能を搭載し、今まで撮れなかったシーンで、今まで撮れなかった映像を残す、最強のアウトドアカメラとなりました。

主な特長の詳細

1. F2.0 ※1の明るい大口径レンズで、暗いシーンでも、ぶれを抑えて高い画質

1)F2.0※1のレンズ
F2.0※1は、レンズが非常に明るいことを示します。樹林帯や水中、あるいは悪天候時などの光量が足りないシーンでもISO感度を低く抑えた撮影ができるため、ノイズの少ない美しい写真を撮ることができます。また、シャッター速度を速くできるので、動きのある被写体に対しても、鮮明に写しとめることができます。

2)広角から望遠の常用域を高画質でカバー
25mm※9に相当する広角から、中望遠の100mm※9まで、ネイチャーフォトに最も適した画角を持っています。DSA(大偏肉両面非球面)レンズに代表される、オリンパスの誇るレンズ技術と、当社一眼用レンズと同じ素材を惜しみなく投入しました。DSAレンズは、1枚で大きな屈折と、高い収差補正能力を発揮します。他にも、HD(高屈折率高分散)、HR(高屈折率)レンズを配置し、明るい広角ズームで生じがちな色にじみを抑制しています。

3)一眼用の画像処理エンジン「TruePic VII」
当社デジタル一眼フラッグシップの「OM-D E-M1」と同じ画像処理エンジン「TruePic VII」を搭載し、1600万画素※10の裏面照射型CMOSセンサーとの組み合わせで、極めて高い画質を提供します。

※9 35mmカメラ換算
※10 カメラ部有効画素数

2.防水性能15m※2、防塵※3、耐落下衝撃2.1m※4、耐低温-10℃※5、耐荷重100kgf※6の5大タフ性能

1)シリーズ最強のタフ性能
水深15mの防水※2は、一般的な体験ダイビング程度の水深であれば、防水プロテクターなしで撮影が楽しめます。また、耐落下衝撃2.1m※4は、カメラが手から滑り落ちても大丈夫という安心感をもたらします。さらに、-10℃※5の低温時の動作保証は、寒冷地や山岳での撮影の可能性を大きく広げます。当社が他社に先駆けて開発してきた、「Toughシリーズ」のフラッグシップならではの、最強のタフ性能です。

2)操作性と質感の高次のバランス
グリップ部のホールディング性を重視するとともに、大きくて押しやすい操作ボタンを、最適な位置と角度にレイアウトして、アウトドアでの使いやすさを追求しています。

レンズ周りには、耐久性・信頼性を高めるために、ダイバーズウォッチからインスパイアされた金属素材の大型リングを装着しました。このリングは、指がかりのラインを一つ一つ削りだして仕上げ、美しさと耐久性を両立しています。優れた操作性と、持つ喜びの高次のバランスを追求したデザインです。

3.マクロ写真の表現を広げるバリアブルマクロシステム

1)顕微鏡モード
レンズ先端から10mmまで被写体に近づくことができ、焦点距離100mm※9時には約6.9倍※9、超解像ズーム時には約13.8倍※9まで被写体を拡大して撮影できます。また、デジタルズームを併用すれば、1mmの被写体をカメラの背面液晶上で最大約44.4mmにまで拡大して観察でき、まさに顕微鏡で覗いているかのような世界を体験できます。従来機では、10mmから100mmであった顕微鏡モード使用時の撮影可能範囲が10mmから300mmまでとなり、構図の自由度が広がってより使いやすくなりました。昆虫、葉脈、雪の結晶など、肉眼では見えない自然や生物のミクロ世界を撮影することができ、アウトドアでの観察をより一層楽しめます。

また、日常生活でも果物・野菜の表面や断面、人の皮膚など、新たな発見を記録することもできます。さらに、「TG-4 Tough」ではフラッシュ撮影時にスローシンクロ発光が使えるようになり、被写体と背景の両方をバランスよく再現できます。

2)顕微鏡コントロールモード
被写体距離が10mmの時にカメラ背面液晶上で表示倍率を確認できます。さらに十字キーの右キーの操作で、顕微鏡の対物レンズを切り替えるように表示倍率を1倍→2倍→4倍→1倍のように、ステップで変倍できます。1mmの被写体を最大44.4mmまで拡大して観察することができ、また、ズームレバーでシームレスに表示倍率を変更することも可能です。

3)深度合成モード※11
倍率が高くなるにつれて、ピントの合う範囲(被写界深度)は狭くなり、被写体全体がはっきり写らなくなります。これを解決するために、自動的に、手前から奥までピントをずらしながら、8枚を連続撮影し、ピントが合っている部分だけを抽出して合成することにより、深い深度でピントがあった写真を作り出す新機能です。図鑑にあるような写真を、誰でも簡単に撮影できるため、野外観察の記録に最適です。

4)フォーカスブラケットモード
手前から奥まで、ピント位置をずらしながら、複数の画像を連続的に撮影します。ピントをずらす量と枚数は、メニュー画面で、あらかじめ3段階から選択します。花のめしべのように、ピンポイントに正確なピントが合った写真を得ることができます。

この他、後述のLEDライトガイド「LG-1」(別売り)により、被写体に影を落とさないライティング撮影も可能になります。

※11 三脚の使用をお奨めします。最大記録画素数は800万画素相当になります。また、処理時間が多少かかります

4. スマートフォンと連携するWi-Fi※7と高精度なGPS※8

1)Wi-Fi※7
iPhone、Android対応スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share」を使用して、カメラとスマートフォンを接続させます。カメラで撮った写真をその場で転送し、SNSなどにシェアできるのに加え、スマートフォンをリモコン代わりに使うことができます。スマートフォンのライブビュー画面を確認しながらPやiAUTO、顕微鏡モードなどの各モードでの撮影が可能。警戒心の強い野生動物の撮影にも使うことができます。

また、最初の接続は、カメラのモニターに表示されたQRコードをスマートフォンで読み取るだけの簡単ステップで完了し、2回目以降は、Wi-Fi※4を起動するとスマートフォンに自動で接続されます。

2)GPS※8
撮影画像に位置情報を記録したり、移動の軌跡をSDカードに記録すると、アウトドアや旅の記録の楽しみが増します。「TG-4 Tough」は、GPSを搭載するだけでなく、GLONASS、QZSSにも対応し、精度の高い測位を行ないます。また、PCソフト「OLYMPUS A-GPS Utility」またはスマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Track」を使用して、事前に衛星の軌道情報をインターネット経由で取得し、測位開始から情報取得までのスピードを大幅に短縮するアシストGPSにも対応しています。

5. 「RAW記録」や「AFターゲット選択」など上級者の要望に応えた多彩な機能を新搭載

1)RAW記録
通常のJPEG画像だけでなく、RAW画像での記録が可能となります。同梱ソフト「OLYMPUS Viewer 3」などを活用して現像する際に、露出、コントラスト、ホワイトバランス、カラーバランスなどの調整が細かく行えます。クリエイティブな用途での可能性が広がる、上級者の要望に応える機能です。

2)AFターゲット選択
マクロ撮影時に便利な「AFターゲット選択」を搭載しました。
十字キーの操作で希望の位置にフォーカスエリアをセットでき、ピント合わせの精度を増すことができます。三脚を用いた撮影が多いマクロ撮影では、フレーミングをしてカメラを固定し、その後でピント位置をメインの被写体に合わせることができるため、撮影の自由度が高まります。

3)モードダイヤルから呼び出せるカスタム設定
モードダイヤルに自分好みの設定を登録できる「C1/C2モード」を新たに備えました。
ダイヤルを回すだけの直感的な操作で、予めカスタマイズした設定を呼び出せるので、自分の好みの設定で素早く撮影することができます。

4)ライブコンポジット
連続撮影した複数枚の画像から明るく変化した部分のみを合成することで、星の日周運動から花火、街灯などの美しい光跡を表現できます。また、ペンライトを使って光文字を書くライトアートなどのユニークな撮影も楽しむことができます。シャッターボタンを押せば撮影が始まり、仕上がりをモニターで確認しながら簡単に撮影できます。

5)水中HDR
モードダイヤルには水中撮影を強力にアシストする「水中モード」を新たに備えました。
定評ある「水中スナップ」、「水中ワイド1、2」、「水中マクロ」、そして新たに加わった「水中HDR」から、シーンにあったモードを迅速に選択できます。「水中HDR」は、水中の色味を効果的に補正しながら、露出を変えて複数枚撮影を行い、水中HDR写真を生成します。明暗差が大きいシチュエーションでも被写体をバランスよく再現します。

その他の特長

  • 花の開花、人の流れ、雲の動きなどを定点観測できる、「タイムラプスムービー※12
  • 瞬間的な動きを鮮明なムービーで撮影、再生時にはスローモーションで再生できる「ハイスピードムービー※13
  • 表現力を高める7種類の「アートフィルター」
  • デジタル一眼の手ぶれ補正アルゴリスムを搭載したCMOSシフト式手ぶれ補正
※12 Motion JPEG限定(10fps)で記録
※13 動画サイズ240fps(320×240)、120fps(640×480)1回での撮影時間は20秒に制限されます

防水コンバージョンレンズ、LEDライトガイドなど、撮影領域を広げる充実したアクセサリー群

1)防水コンバージョンレンズ(発売中・別売り)
「TG-4 Tough」はレンズをカメラの中心に配置しているため、レンズに装着するコンバーターのようなシステムアクセサリーがより使いやすくなっているのも特長です。フィッシュアイコンバーター「FCON-T01」を付ければ、18.5mm※9相当の魚眼レンズの画角となり、テレコンバーター「TCON-T01」を付ければ同様に170mm※9相当の望遠となります。いずれの場合も、コンバーターアダプター「CLA-T01」が必要です。カメラ本体、コンバーター、コンバーターアダプターはそれぞれ防水機能が付いているため、水中での着脱が可能です。なお「CLA-T01」には同梱のレンズキャップやプロテクトフィルター「PRF-D40.5PRO」もしくは、市販のφ40.5mmのフィルターを取り付けできます。

2)LEDライトガイド「LG-1」(発売中・別売り)
一眼カメラで本格的な接写撮影をする場合、被写体に影を落とさないようにレンズ周囲に発光部がある、リングフラッシュを使用します。LEDライトガイド「LG-1」は、「TG-4 Tough」のレンズ部分に装着して、内蔵LEDの光を被写体に均一に照射できるので、優れたマクロ撮影能力を存分に引き出します。

LEDライトガイド「LG-1」 「TG-4 Tough」(レッド)の装着イメージ

LEDライトガイド「LG-1」

「TG-4 Tough」(レッド)の装着イメージ

3)防水プロテクター「PT-056」(発売中・別売り)
耐圧水深45mの防水プロテクターで、ポリカーボネイト製のボディーは光線漏れを防ぐブラックの仕上げとなっています。外付けで専用の水中コンバージョンレンズを装着することもできます。

防水プロテクター「PT-056」

防水プロテクター「PT-056」

4)シリコンジャケット「CSCH-122」(発売中・別売り)
「TG-3/4 Tough」専用のシリコンジャケットです。カメラボディーの表面を傷から守ります。また、グリップ性が良くなるため、しっかりと持つことができて安心です。
シリコンジャケットを装着したままLEDライトガイド「LG-1」を使用することができます。

「TG-4 Tough」(レッド)+「CSCH-122」装着イメージ

「TG-4 Tough」(レッド)+「CSCH-122」装着イメージ

5)ソフトカメラケース「CSCH-121」(発売中・別売り)
「Tough」シリーズ向けのケースです。大部分がシリコンゴムでできており、通気穴がメッシュ状にデザインされています。そのため水切れがよく、通気性にも優れています。また、このケースにはカラビナにも金属部品を一切使用していないため、水に濡れてもケース自体が錆びる心配がありません。

ソフトカメラケース「CSCH-121」(ブルー、レッド、ブラック) 「CSCH-121」イメージカット

ソフトカメラケース「CSCH-121」(ブルー、レッド、ブラック)

「CSCH-121」イメージカット

6)スポーツホルダー「CSCH-123」(新発売・別売り)
リュックサックやベルトなどに縦位置や横位置でカメラを固定でき、簡単に片手で取り外せるホルダーケースです。カメラをホルダーに装着したまま電源ボタンやシャッターボタンの操作を行うこともできるため、従来は難しかった両手を使うスポーツシーンの撮影が簡単に行なえます。カラビナ、落下防止用のスパイラルコードを同梱しているので、カメラ落下の心配がありません。雨や海水に濡れても使用できるので、アウトドアなどの厳しい環境下に必須のアイテムです。

スポーツホルダー「CSCH-123」(ライトブルー、オレンジ)+「TG-4 Tough」装着イメージ

スポーツホルダー「CSCH-123」(ライトブルー、オレンジ)+「TG-4 Tough」装着イメージ

アクセサリー関連の製品概要

製品名 希望小売価格 発売予定日
フィッシュアイコンバーター「FCON-T01」 14,400円
(税込み 15,552円)
発売中
テレコンバーター「TCON-T01」 12,200円
(税込み 13,176円)
コンバーターアダプター「CLA-T01」 2,400円
(税込み 2,592円)
LEDライトガイド「LG-1」 6,300円
(税込み 6,804円)
防水プロテクター「PT-056」 31,500円
(税込み 34,020円)
シリコンジャケット「CSCH-122」 3,400円
(税込み 3,672円)
ソフトカメラケース「CSCH-121」
(ブルー/レッド/ブラック)
各 4,000円
(税込み各 4,320円)
スポーツホルダー「CSCH-123」
(ライトブルー/オレンジ)
各 4,700円
(税込み各 5,076円)
2015年5月22日
  • 本リリースに掲載されている内容は、報道関係者向けに発表した情報です。
  • 掲載内容は、発表日現在の情報であり、ご覧になっている時点で、予告なく情報が変更(生産・販売の終了、仕様、価格の変更等)されている場合があります。
  • 掲載されている社名、製品名、技術名は各社の商標または登録商標です。

本文の終わりです





Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.