Splendor in North America「雄大なる輝き - 北米大陸」

第1話:フロリダキーズ編:アメリカの撮影取材を開始。まずは南のフロリダキーズで、固有種キーシカに会う。

かつて幾度となく訪れたことのあるアメリカ合衆国だが、2010年、僕はcちょっと腰を据えて、アメリカ各地の自然を巡る決意をした。とはいえ、アメリカはとてつもなく広大で、とてもじゃないが回りきれない。そこで、さまざまに異なる自然の魅力にふれあいたいと、東、南、西、中央とスポットでおさえる作戦をたてた。


オオダイサギ


カッショクペリカン 野生動物図鑑

まず訪れたのが、アメリカ本土の南端、フロリダだ。フロリダを訪れるのは、およそ30年ぶりだ。フロリダ半島の先端から南西に連なる、フロリダキーズと呼ばれる小さな島々。その島々を、海の上を走るハイウェイが結び、行き着く先はキーウェストだ。僕はまず、フロリダキーズのひとつ、ビッグパインキーという島で撮影取材を行った。島はマングローブで覆われ、カッショクペリカンが群がっている。鮮やかなピンク色の翼をもつベニヘラサギもいる。マングローブを食べに、小柄なシカが現れた。この周辺だけに生息する、キーシカだ。30年ぶりの再会だが、いまも逞しく生きていることがうれしかった。


キーシカ


ベニヘラサギ


キーシカ


ネコ

ビッグパインキーを後に、海のハイウェイを南西へと走り、終着点キーウェストに辿り着いた。アメリカ合衆国本土の最南端地点を示すサザンモストポイントの碑が立っており、観光客が記念撮影に並んでいる。キーウェストは文豪アーネスト・ヘミングウェイが暮らした地であり、彼の家はいま博物館として公開されている。ヘミングウェイはネコ好きで知られているが、飼っていたネコの子孫だろうか、ヘミングウェイの家にはいまもネコがいっぱいいる。僕も街で、ネコの写真を撮った。

アメリカ ギャラリー