Madagascar「原猿の棲む島 - マダガスカル」

第1話:39年前に訪れ、苦い思い出のあるマダガスカル島。よし、リベンジしに行こう!

今度はどこへ撮影取材に行こうかと地球儀を回しながら考えているとき、アフリカ大陸の南東にあるマダガスカル島に惹きつけられた。バオバブの巨木を思い浮かべる方も多いと思うが、ここには原猿類であるキツネザル類に代表されるような、マダガスカルにしか生息しない固有種が数多く存在する。

僕は39年前、動物写真家になって数年の頃に訪れたことがあるのだが、実はイヤな思い出がある。ノジー・コンバ島という北の島で撮影していたとき、蚊に囲まれた。そのときは痒かっただけなのだが、首都のアンタナナリボに戻ったとき高熱が出た。身体がエビのように曲がり、とにかく苦しい。宿泊していたホテルに、医者が来てくれた。医者はフランス語なので何を言っているかわからないが、耳に「マラリア」という単語が入ってくる。どうやら、マラリアにかかってしまったらしい。なんてことだ。苦しい、心細い。僕は、病院に入院させてくれるようにお願いした。ところが、病院よりホテルの方がよほど清潔なので、ここに居た方がいいと言う。それからは6時間おきに高熱が出ては引っ込むということを繰り返し、一週間ほど寝たきりだった。「僕はマラリア・キャリー」なんてジョークを言ったりしているが、このときのことが深層心理に埋め込まれているのか、これまでなんとなくマダガスカルを敬遠していた。しかし今回、39年前には中途半端に終わらざるをえなかったマダガスカルの撮影取材の再チャレンジをしようという気になった。39年前とどれぐらい変わっているのか、変わっていないのか、自分の目で確かめてみたいと思ったのだ。2016年のオリンパス/WWFカレンダーの撮影取材も兼ねての撮影だが、サル年だから、原猿の棲むマダガスカルに決めた、というわけではない。


バオバブの木


マダガスカルの風景

マダガスカル ギャラリー