セミオリンパス I型

ズイコーレンズを搭載したオリンパスカメラの第1号は、昭和11年(1936年)発売のセミオリンパス I型。
プラウド社から供給されたセミプラウドボディーに、開発されたばかりのズイコーレンズを組み込みました。
初任給75円の時代に105円という価格の高級機でした。

前の製品へ