オリンパス35 I

昭和23年(1948年)発売のオリンパス35 Iは35mm判カメラ。
オリンパスがカメラに求める「小型、軽量」「速写性」という2つの目標を具現化したカメラです。「巻いて、掛けて、押す」 — つまり、ノブを回してフィルムを巻き、シャッターを掛けて(チャージして)、シャッターを押す — という簡単な3つの操作で、すばやく撮れるオリンパス35 Iは、「巾着切カメラ」(巾着切とは「すり」のこと)の異名を得るとともに、絶大な人気を博しました。
発売当初、画面サイズは24×32mmでしたが、GHQの指導もあり、スライドマウントに対応する現在の24×36mmに変更されました。
価格は10,600円。このシリーズはV型まで進化を続けました。