オリンパス35SP

オリンパス35SPは、昭和44年(1969年)の発売。
レンズシャッター機として、スポット測光、平均測光の2種類の測光をはじめて可能にしたカメラです。名前の「SP」はスポット測光の略。プログラムAEでも、マニュアルでも使用可能な多機能なカメラでした。価格は24,800円。