オリンパスペンD

昭和37年(1962年)には、最高級のペンをめざしたオリンパスペンDが発売されます。
コンパクトなボディーの中に、F1.9の高性能大口径レンズ、高速1/500秒シャッター、LV値直読式内蔵露出計などを詰め込んだ「プロ仕様のペン」。それがオリンパスペンDでした。価格は13,800円。