展示のご紹介「メディカル」


世界初の実用的な胃カメラ「GT-I」(1952年)

1950年に世界初の実用的な胃カメラの開発に成功したのが、現在、消化器分野で世界シェア約7割を有する内視鏡事業のはじまりです。歴史展示コーナーでは、日本機械学会から「機械遺産」に認定されたガストロカメラI型「GT-I」(1952年)をご覧いただけます。さらに、内視鏡システムや内視鏡に使う処置具、内視鏡外科手術に使う機器など、当社が世界をリードする様々な内視鏡技術をご紹介しています。


内視鏡システムの展示


内視鏡に使う様々な処置具


内視鏡外科手術に使う機器


内視鏡の歴史展示コーナー