コーポレートガバナンスポリシー

基本的な考え方

当社は、経営理念に掲げている「世界の人々の健康、安心と心の豊かさの実現」をすべての活動の基本思想としています。

取締役会は、この基本思想のもと、財務報告の適正性と信頼性ならびに業務の有効性と効率性を確保するための体制を整備し、運用するとともに、継続的な改善を図ります。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

当社は、コーポレートガバナンス・コードの原則を踏まえた「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を策定しております。

本方針は、株主に対する受託者責任及び顧客・従業員・地域社会等のステークホルダーに対する責任、及び、上記の当社の目的を踏まえ、持続的な成長を実現するための適切な意思決定を取締役会が行うことができる実効性あるコーポレートガバナンス体制の実現をめざして策定するものであり、その内容は当社取締役会が承認しております。

コーポレートガバナンスに関する基本方針 PDFファイルへのリンクです

株主との建設的な対話を促進するための体制整備および取組みに関する方針

  • 1. 基本方針
    当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値向上のため、社長および財務担当役員が中心となって株主との建設的な対話を積極的に実施します。IR部門がこれを補佐して社内における情報交換や株主から得た意見の経営陣幹部へのフィードバック等の体制を整備します。
  • 2. 社長および財務担当役員による対話の方針
    株主との対話全般については、社長および財務担当役員が中心となって建設的な対話の実現に向け、対応します。具体的には、株主との個別の面談に加え、四半期決算ごとに説明会、スモールミーティング、海外投資家との電話会議を実施するほか、定期的な国内および海外ロードショーの実施、証券会社主催のカンファレンスへの参加等、株主との直接の対話の機会を積極的に設けていきます。
  • 3. IR部門によるIR活動の方針
    IR活動を専門に担当するIR部門を設置し、株主との対話の充実に向けて積極的なIR活動を実施します。具体的には、株主の依頼に応じて随時個別の面談を実施するほか、個人投資家向け説明会や施設見学会といったIRイベントを定期的に実施します。また、ホームページ、アニュアルレポート、株主通信、株主総会招集ご通知等を通じて株主に対して積極的な情報提供を行います。
  • 4. IR部門による社内情報交換体制整備の方針
    IR部門は、経営企画、総務、財務、経理、法務部門等と日常的に適宜情報交換を行い、必要に応じてプロジェクトチームを組むなどして、有機的な連携体制を取ります。また、機関投資家を中心とする株主との対話から得た株主の意見および懸念については、必要に応じて、IR部門から経営執行会議や取締役会において報告し、その内容について議論します。
  • 5. 株主との対話におけるインサイダー情報管理の方針
    インサイダー情報については、「インサイダー取引防止規程」に従い厳重な管理を行う。株主との対話に際しては、担当者に対してIR部門から改めて注意喚起を行うことで、インサイダー情報の漏洩を未然に防止する。

政策保有株式に関する方針

当社は「コーポレートガバナンスに関する基本方針」に則して対応し、取締役会において保有に伴う便益、リスク等を総合的に勘案し、保有の適否 を個別銘柄ごとに検証し保有合理性のない株式については売却を進めております。2016年3月末時点で64銘柄680億円保有しておりましたが、 2017年3月末時点で57銘柄279億円へと縮減し、さらに2018年3月末時点では48銘柄269億円まで縮減を進めました。 当社における上場株式の政策保有に関する方針および政策保有株式の議決権行使の基準は、「コーポレートガバナンスに関する基本方針」1.-③ に記載しておりますのでご参照ください。

コーポレートガバナンス報告書

当社は、当社のコーポレートガバナンス状況を取りまとめた「コーポレートガバナンス報告書」を東京証券取引所に提出しております。

コーポレートガバナンス報告書(2018年6月26日更新) PDFファイルへのリンクです