安田 菜津紀

安田 菜津紀 Natsuki Yasuda

1987年神奈川県生まれ。16歳のとき、「国境なき子どもたち」友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。現在、東南アジア、中東、アフリカ、日本国内で貧困や災害の取材を進める。東日本大震災以降は陸前高田市を中心に、被災地を記録し続けている。『写真で伝える仕事──世界の子どもたちと向き合って──』(日本写真企画)、『故郷の味は海をこえて』(ポプラ社)など著書多数。写真、文章、動画、音楽など様々な表現を通じて、社会的課題を伝えることを活動の主軸とするNPO法人Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル)副代表理事。上智大学卒。