オリンパスの100年革新の歴史1919 - 2019

  • 2019

    100 years Endeavor for Better

    オリンパス100周年

  • 2018

    経営理念を改定

  • 2017

    ORBEYE

    4K 3Dビデオ技術搭載の手術用顕微鏡システムORBEYEを発売

  • 2016

    VANTA

    ハンディータイプの蛍光X線分析計VANTAを発売

    OM-D E-M1 Mark II

    ミラーレス一眼カメラOM-D E-M1 Mark II を発売

  • 2015

    4K技術搭載の外科手術用内視鏡システム

    ソニー・オリンパスメディカルソリューションズで開発した4K技術搭載の外科手術用内視鏡システムを発売

  • 2013

    OM-D E-M1

    ミラーレス一眼カメラOM-D E-M1を発売

  • 2012

    EVIS LUCERA ELITE

    内視鏡ビデオスコープシステムEVIS LUCERA ELITEおよびEVIS EXERA IIIを発売

    OM-D E-M5

    ミラーレス一眼カメラOM-D E-M5を発売

    THUNDERBEAT

    外科向け統合エネルギーデバイスTHUNDERBEATを発売

    新経営体制の下、「Back to Basics」を掲げるとともに、中期ビジョンを発表

    OSTA

    米国の医療事業関連の開発製造拠点をOSTAとしてマネジメントを一元化

  • 2011

    OmniScan MX2

    フェイズドアレイ超音波探傷器OmniScan MX2を販売

    VISERA ELITE

    内視鏡統合ビデオシステムVISERA ELITEを発売

    過去の損失計上の先送りが発覚、第三者調査委員会を設置

  • 2010

    OSTE

    欧州の医療事業関連の開発製造拠点をOSTEとしてマネジメントを一元化

    BX3

    システム生物顕微鏡BX3を発売

    非破壊検査装置事業の拡大のため、イノベックスシステムズ社を買収

  • 2009

    オリンパス・ペン E-P1

    ミラーレス一眼カメラオリンパス・ペン E-P1を発売

    EPOCH1000

    超音波探傷器EPOCH1000を販売

  • 2008

    ジャイラス社

    外科事業の拡大に向け、米国・ジャイラス社を買収

    オリンパスベトナム

    ベトナムに医療機器とデジタルカメラの製造工場オリンパスベトナムを設立

  • 2006

    オリンパス内視鏡修理技術センター 上海

    中国にオリンパス内視鏡修理技術センター 上海を設立

    EVIS EXERA II

    狭帯域光観察が可能な内視鏡ビデオスコープシステムEVIS EXERA IIおよびEVIS LUCERA SPECTRUMを発売

  • 2005

    アールディテック社

    非破壊検査装置事業の拡大のため、カナダ・アールディテック社を買収

    医療サービスオペレーションセンター白河

    医療サービスオペレーションセンター白河を設立

  • 2004

    FLUOVIEW FV1000

    世界初ツインスキャンシステム搭載の共焦点レーザ走査型顕微鏡FLUOVIEW FV1000を発売

    LEXT OLS3000

    3次元観察が可能な走査型共焦点レーザー顕微鏡LEXT OLS3000を発売

  • 2003

    オリンパス株式会社に社名を改称

    E-1

    レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラE-1を発売

  • 2002

    ITknife

    世界初の内視鏡的粘膜下層剥離術向け処置具ITknifeを発売

    EVIS LUCERA

    世界初のハイビジョン内視鏡ビデオスコープシステムEVIS LUCERAを発売

    VISERA

    内視鏡手術/検査用統合ビデオシステムVISERAを発売

  • 2001

    IPLEX

    工業用ビデオスコープIPLEXを発売

  • 2000

    EVIS EXERA

    内視鏡ビデオスコープシステムEVIS EXERAを発売

  • 1996

    FLUOVIEW

    走査型レーザー生物顕微鏡FLUOVIEWを発売

    MX50

    半導体検査用顕微鏡MX50を販売

    CAMEDIA C-800L / C-400L

    オリンパス初の一般消費者向けデジタルカメラCAMEDIA C-800L / C-400Lを発売

  • 1995

    オリンパス・エンドリペア・ヨーロッパ

    欧州に内視鏡修理子会社オリンパス・エンドリペア・ヨーロッパを設立

  • 1993

    BX

    無限遠光学系(UIS光学系)を採用したシステム生物顕微鏡BXを発売

  • 1991

    ミュー[mju:]カメラ

    最初のµ[mju:]カメラを発売。このシリーズはオリンパスカメラのなかでもベストセラーとなる。

  • 1990

    EVIS100(1989年)/ 200(1990年)

    内視鏡ビデオスコープシステムEVIS100(1989年)/ 200(1990年)発売

  • 1987

    中国・北京に駐在事務所を設立

    キーメッド社

    英国・キーメッド社を子会社化

  • 1985

    内視鏡ビデオ情報システム発売

  • 1983

    AH2

    世界初のAF機能搭載万能顕微鏡AH2を発売

    米国現地法人2社を統合し、オリンパス・コーポレーションを設立

    OES

    消毒液に浸漬可能な完全防水の内視鏡OESを開発

  • 1980

    BH2

    顕微鏡BH2を発売

    超音波内視鏡システムを開発

  • 1979

    ウィンター&イベ社

    ウィンター&イベ社を買収し、オリンパス・ウィンター&イベ社を設立

    米国・サンノゼに内視鏡修理センターを開設

  • 1977

    カメラ分野の米国現地法人オリンパス・カメラ・コーポレーションを設立

  • 1975

    ドイツ・ウィンター&イベ社との協業にもとづき外科用硬性鏡に本格的に進出

  • 1972

    カメラOM-1

    小型軽量のシステム一眼レフカメラOM-1を発売(発売当初の名称はM-1)

  • 1969

    ズイコーパールコーダー

    世界初のマイクロカセットテープレコーダーズイコーパールコーダーを発表

  • 1968

    オリンパス・コーポレーション・オブ・アメリカ

    顕微鏡、測定器、医療機器分野の米国現地法人オリンパス・コーポレーション・オブ・アメリカ設立

  • 1966

    ガストロカメラGFS

    接眼部にカメラを装着するファイバー付ガストロカメラGFSを発売

  • 1964

    オリンパス・オプティカル・カンパニー

    欧州現地法人オリンパス・オプティカル・カンパニー(ドイツ・ハンブルグ)を設立

    カメラGTF

    ファイバー付ガストロカメラGTFを発売

  • 1959

    オリンパスペン

    革新的なハーフサイズカメラオリンパスペンを発売

  • 1952

    ガストロカメラGT-I

    ガストロカメラGT-Iを発売

  • 1950

    世界初のガストロカメラ

    世界初の実用的なガストロカメラ(胃カメラ)を開発

  • 1949

    オリンパス光学工業に社名を改称

  • 1936

    セミオリンパスⅠ

    写真レンズ「ズイコー」を開発し、当社初のカメラセミオリンパスⅠを発売

  • 1927

    昭和号(GK)

    液浸系顕微鏡昭和号(GK)を発売

  • 1921

    商標オリンパス

    商標オリンパスを登録

  • 1920

    顕微鏡旭号

    顕微鏡旭号を発売

  • 1919

    創業者・山下長(やました・たけし)

    創業者・山下長(やました・たけし)により顕微鏡の国産化を目指し、創立。当時の社名は高千穂製作所(10月12日)