コンプライアンスおよび製品の品質安全性への注力

オリンパスグループは、事業活動の基盤として、ESGに対する姿勢を包括的に宣言した「オリンパスグローバル行動規範」により、コンプライアンスの徹底を図っています。
製品の品質安全性については特に重点的に取り組んでおり、「オリンパスグループ クオリティ・ポリシー」の下、オリンパスグループのすべてのメンバーに対して安全・品質を重視するマインドの醸成をしています。2020年度に改訂したグローバルマネジメントルールに基づき、執行役及び品質法規制機能のトップであるチーフクオリティオフィサーへの定期報告を行い、全社課題の明確化を行っています。また、全社事業基盤における情報セキュリティについても、適切な取り組みを図っています。

主な取り組み

  • オリンパスグローバル行動規範を全オリンパスグループに浸透させるために18言語で展開
  • 包括的な税務方針の策定
  • リプロセス規制の強化による医療行政政策の変更に伴うリスク対応の見直しならびに強化

目標と取組実績

取組項目 KPI KPIの定義 実績 目標
2019年3月期 2020年3月期 2021年3月期 2022年3月期
コンプライアンス 内部通報件数 内部通報件数(日本) 75件 67件 55件 ※1
グローバルの通報件数 グローバルの通報件数 - - 250件 ※1
製品の品質・安全性 グローバルの品質教育の受講者数 グローバルコンプレイント認識教育(e-learning)の受講者数 - 29,159人 28,592人 ※1
情報セキュリティ インシデント件数 情報セキュリティ侵害またはその他のサイバーセキュリティインシデントの総数 0件 0件 0件 ※1
インシデント件数 顧客の個人情報の漏洩に関する情報セキュリティ違反の総数 0件 0件 0件 ※1
情報セキュリティアセスメントの実施 情報セキュリティアセスメントの実施 No Yes Yes ※1

※1目標値は設定せずモニタリング指標として設定

関連リンク