企業市民活動方針

オリンパスグループは、すべての企業活動の基本思想である「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」に基づき、事業を通じて社会に新たな価値を創造することに加え、社会と良好な関係を築き、社会とオリンパスが互いにかつ持続的に発展することを目指し、企業市民活動を通じて社会に貢献します。
事業活動を通じて獲得した技術、知見などを社会的課題の解決に活用し、オリンパスらしい企業市民活動を実施していきます。

1.重点とする領域と活動

「医療・健康」、「文化・芸術」、「地球環境」、「科学・技術」の領域を中心に企業市民活動を実施します。重点領域における課題解決に貢献するため、以下の3つに該当する活動を中心に取り組みます。

  • 1. グローバル企業の責任として国際社会の課題解決に寄与する活動
  • 2. オリンパスが関連する事業を通じた社会的課題の解決、およびそれらに資する活動
  • 3. オリンパスの技術やノウハウを通じた次世代の社会を担う人材の育成、教育支援、および啓発活動

また、重点領域や重点とする活動に加え、貧困や飢餓の低減などの人道的な慈善活動や、大規模災害発生時の緊急支援活動にも取組みます。

2.社会規範の遵守

地域の文化や慣習を尊重するとともに、コンプライアンスを徹底し、社会の発展および健全な関係構築に努めます。

3.規程・体制の整備

すべての役員および従業員の社会貢献に関する意識向上を図ると共に、企業市民活動を促進するための規程・体制を整備し、施策の充実を図ります。

4.情報公開

企業市民活動の実施においては、社会の要請を取り入れるとともに、ステークホルダーとの積極的なコミュニケーションを図り、活動の継続および改善に努めます。また、その取組みを広く社外に公開します。

企業行動憲章とCSR関連方針とのつながり

オリンパスグループ企業行動憲章 CSR関連の方針
1. 高い倫理観
2. 人権尊重
3. 革新的価値の提供
4. 活力ある職場環境
5. 環境との調和
6. 社会への貢献