リスクマネジメントおよび危機対応方針

オリンパスグループは、すべての企業活動の基本理念である「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」および企業行動憲章に基づき、グローバルなリスクマネジメント活動を通じて、企業経営における目的達成を阻害するリスクを未然に予防・低減し、万が一リスクが顕在化した際には、迅速かつ適切な対応によって損害を最小限にとどめることに努めます。

1.基本目的

  • お客様、地域住民、役員、従業員およびその家族の安全の確保
  • 経営資源の保全および事業の継続
  • 経営の質および企業価値の向上

2.行動指針

  • リスクを全社統合的に管理し、社会の要請や動向を十分に配慮した対応をすることにより、ステークホルダーからの信頼に応えます。
  • リスクマネジメントを日常の事業活動に組み込み、グローバルに展開します。
  • グローバルでのリスクマネジメント活動を通じ、組織および人員へのリスクマネジメントの意識の浸透と、リスク対応能力の継続的向上を図ります。
  • 緊急事態発生時には、人命の安全を第一に、速やかに責任ある対応を行います。

3.体制の整備

リスク低減活動および緊急事態発生時に適切な管理・対処を確実に実施するために、リスクマネジメント体制および危機対応体制を整備し、責任を明確にします。

4.規程の整備

リスク低減活動および緊急事態発生時の確実な対応実施のため、取り組むべき事項を明らかにし、社内規程として整備します。

5.教育

本方針の基本目的達成のため、行動指針に沿い、組織および人員が活動できるよう、必要な教育および訓練を実施します。

企業行動憲章とCSR関連方針とのつながり

オリンパスグループ企業行動憲章 CSR関連の方針
1. 高い倫理観
2. 人権尊重
3. 革新的価値の提供
4. 活力ある職場環境
5. 環境との調和
6. 社会への貢献