情報セキュリティ方針

オリンパスグループ(以下、「オリンパス」という)は、すべての企業活動の基本である「世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現」および行動憲章に基づき、オリンパスが取り扱う全ての情報および情報システム(以下、「情報資産」という)を重要な経営資源の一つと認識し、これを適切に保護、管理し、積極的に活用します。また、これらの活動は継続的に見直し、改善に努めます。

1.法令遵守

それぞれの国・地域において、情報セキュリティに関連する法令、指針、契約上の義務を遵守します。

2.情報の管理・保護

事業活動において、情報資産を適切に管理・保護します。また、悪影響をもたらす不適切な情報資産の利用や、情報資産の価値を損なうような行為(改ざん、破壊、漏洩、悪用 等)を防止するための対策を講じます。

3.体制の整備

情報資産の適切な管理・保護を確実に実施するために、体制を整備し、責任を明確にします。

4.規程の整備

情報セキュリティの確保に向けて取り組むべき事項を明らかにし、社内規程として整備します。また、これらの社内規程やプロセス及び管理策を継続的に見直します。

5.教育

情報資産を取り扱うすべての関係者に対して情報セキュリティに関する意識向上を図ると共に、情報セキュリティに関する必要な教育及び訓練を実施します。

6.緊急時の対応

情報セキュリティに関する事故の予防に努めるとともに、万一事故が発生した場合は速やかに対応を行うとともに、必要な再発防止策を講じます。

企業行動憲章とCSR関連方針とのつながり

オリンパスグループ企業行動憲章 CSR関連の方針
1. 高い倫理観
2. 人権尊重
3. 革新的価値の提供
4. 活力ある職場環境
5. 環境との調和
6. 社会への貢献