グローバル環境フォトコンテスト2013年

オリンパスグループは環境月間の一環として、未来に残したい「自然の恵み」をテーマに、全社員を対象とした啓発活動として、世界の4つ地域(米州、欧州、アジア・オセアニア、日本)でフォトコンテストを開催し、720作品の応募がありました。
世界をフィールドに活躍する写真家水本俊也(みずもとしゅんや)氏のアドバイスにより決定した優秀作品4点 入選作品16作品を発表します。

実施概要

対象者 オリンパスグループ従業員
実施期間 2013年6月1日~6月30日
応募件数 720件
審査方法 4つの地域ごとに優れた作品を5点選出しました。日本およびアジア・オセアニアについては、世界をフィールドに活躍する船旅写真家の水本俊也(みずもとしゅんや)氏のアドバイスによりタイトル、コメントを含めて総合審査しました。
審査結果 優秀賞4作品/入賞16作品

入賞作品

写真をクリックすると拡大表示できます。

優秀賞

「孵化~新しい生命の誕生~」(日本)

拡大する

オリンパスイメージング株式会社 伊藤 理紗

審査委員コメント
美しい生命誕生の神秘。コメントにも撮影者の写真に注ぐ純粋な熱情と未来への希望を感じます。
斜め三分割とも言える構図が見る者の視点を集中させる秀逸な作品です。
撮影者コメント
写真を撮ることが好きで、生き物が好きで、美しい自然の風景が好きで。
自然の中で力強く生きる生き物や植物達の息づかい・煌めく瞬間を写真に残したいと思い、シャッターを押しています。
この蝶は、自ら殻を破って広い世界へ羽ばたいて行きました。
彼らが住みやすい美しい自然を守り、たくさんの生命が青空の下で輝ける地球でありますように。

「嵐のあと」(米州)

拡大する

Alicia Hayden, Olympus America Inc.

撮影者コメント
これはハリケーンサンディから6ヵ月後、ニュージャージーショアを北に沿ってドライブした際に撮影したものです。多くの建て直しが完了していますが、更に多くの取り組むべき課題(建て直しが必要な家)がありました。依然として存在する荒廃の度合いは圧倒的でした。温暖化防止のための取組みは我々の気象パターンの増える強烈さを減らすことができるか?

「クラインマッターホルンの十字架」(欧州・中東)

拡大する

Milan Tretinár, Olympus Czech Group, s.r.o., Slovakia

撮影者コメント
吹雪のあとの2012年9月3日にクラインマッターホルンで撮影しました。

「成長する自然」(アジア・オセアニア)

拡大する

Anchali Ruangsaeng, Olympus Thailand Co., Ltd.

撮影者コメント
私は、"木は自然の一部"と考えていた。もし今日我々が小さな植物の気持ちを理解し始めたならば、緑の安全な生活を保護するように、それはいつか大きな強い木に成長するであろう。

入賞

「小さき物」(日本)

拡大する

木村 和昭

「ハイちーず!」(日本)

拡大する

児玉 裕

「ふるさとの春」(日本)

拡大する

菅野 幸男

「水の力」(日本)

拡大する

平田 晋也

「母と娘」(米州)

拡大する

Denise Sauer

「雄大さの変化」(米州)

拡大する

John E Place

「生活の豊かさ−クラゲ」(米州)

拡大する

Karamjit Taunk

「シルバーサンセット」(米州)

拡大する

Kathy Anderson

「緑のオアシス」(欧州・中東)

拡大する

Michael Knüfer

「フランスでの洞窟ダイビング」(欧州・中東)

拡大する

Nicklas Myrin

「自然の水のテラス」(欧州・中東)

拡大する

Dr. Manfred Kässens

「霧の下の湖」(欧州・中東)

拡大する

Michael Guthmann

「クロツラヘラサギ」(アジア・オセアニア)

拡大する

郭仲文

「雪山,碧水と金魚のうろこ、刺繍の如く」(アジア・オセアニア)

拡大する

宋暁駿

「カラフルな丹霞」(アジア・オセアニア)

拡大する

趙丹妮

「アオウミガメ」(アジア・オセアニア)

拡大する

Alana Bakhtadze

水本俊也氏プロフィール
水本俊也(みずもとしゅんや)写真家。1972年生まれ。鳥取県出身。
客船写真師を経て、クルーズ、ヨットを中心とした船旅カメラマンとなる。
船や海をテーマに地球を巡る旅を続けながら、媒体への作品発表、執筆を行う。
同時に地球温暖化などの問題にも、写真を通じて積極的に取り組んでいる。
写真展「夢大陸~南極の詩~」、「南極×南太平洋」、「小さな世界一周」ほか開催。
神奈川県横浜市在住。
日本写真家協会会員。日本旅行写真家協会会員。

http://www.waterbook.net 新規タブで開きます