透明性ガイドライン指針

オリンパスと医療機関等との透明性に関する指針

1.基本的考え方

オリンパスグループは、法令遵守はもとより、高い倫理観をもち、全ての経営陣および社員一人ひとりが「何が正しいか」を考え、責任ある行動をとることを誓います。そして、いかなる場面においても、コンプライアンス精神を徹底し、法令、社会規範、および社内規則に反する行為を容認しません。医療機関等との関係においても、この倫理観に従い、公正で適正な判断のもとで企業活動を行っていることを広く社会にご理解いただくために、日本医療機器産業連合会(JFMDA)の会員会社として、当連合会が定める「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に基づき、本指針を定めるとともに、医療機関等への支払費用の情報を公開いたします。

2.適用範囲

オリンパス

日本医療機器産業連合会とその加盟団体の会員企業であるオリンパス株式会社及びオリンパスグループ国内関係会社

医療機関等

学会、大学医学部(付属病院)、病院及び診療所、技師会、研究所、研究会,その他医療とその研究開発治験を行う施設及び医療に従事する者

3.公開方法

当社ホームページにて、前年度分の関連情報を公開します。

4.公開時期

各年度における医療機関等への支払費用の情報を、当該年度の決算発表後に公開します。

5.公開対象

当社が公開対象とする医療機関等への支払費用の範囲は、「研究費開発費等」「学術研究助成費」「原稿執筆料等」「情報提供関連費」「その他の費用」とします。詳細は、下記URLの「医療機器業界における医療機器等との透明性ガイドライン」本文をご覧ください。

日本医療機器産業連合会(JFMDA)

6.当年度公開情報

平成28年度(2016年度)分

7.FAQ(よくある質問)

  • Q なぜ医療機関・医療関係者等への資金提供等に関する情報公開が必要なのか?
    A

    日本医療機器産業連合会(JFMDA)によって「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」が策定されました。このガイドラインへの対応指針として、オリンパスは「オリンパスと医療機関等との透明性に関する指針」を策定しました。医療機関等との関係において、公正で適正な判断のもとで、企業活動を行っていることを広く社会にご理解いただくために、日本医療機器産業連合会(JFMDA)の会員会社として、医療機関等への支払費用の情報を公開します。

  • Q 医療機関・医療関係者等への資金提供等の情報はいつまで公開するのか?
    A

    公開開始から次年度の更新まで(約1年)とします。

  • Q 医療機関・医療関係者等への資金提供等として公開する科目はどのようなものか?
    A

    「医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン」に基づき、以下の科目を公開します。

    • 研究費開発費等(公的規制の下で実施される各種試験、報告、調査等(臨床試験、治験、製造販売後臨床試験、不具合・感染症症例報告、製造販売後調査等)及び弊社が独自に行う調査等の費用を含みます)
    • 学術研究助成費(医療技術の学術振興や研究助成を目的として行われる奨学寄附金、一般寄附金、および学会等の会合開催を支援するための学会寄附金、学会共催費を含みます。)
    • 原稿執筆料等(医療機器の適正使用等に関する情報提供のための講演や原稿執筆、コンサルティング等業務委託に関する費用を含みます。)
    • 情報提供関連費(医療関係者に対する弊社医療機器の適正使用、安全使用の為に必要な講演会、模擬実技指導、説明会等の費用を含みます。)
    • その他の費用(社会的儀礼としての接遇等の費用を含みます。)

以上