医療事業を通じた社会貢献

オリンパスは、
「私たちの存在意義 “世界の人々の健康と安心、心の豊かさの実現”」
と「私たちのコアバリュー」を経営理念として掲げ、
事業を通じて世界の人々や社会の根源的な要請に応え、
広く社会に貢献すべく、日々の活動に取り組んでいます。

1952年に世界で初めて胃カメラの実用化に成功してから
今日に至るまで、オリンパスは、内視鏡の改良に取り組み続けています。
そしてその地道な努力は、
消化器内視鏡を用いた検査による「早期診断」で尊い命を救ったり、
腹腔鏡を用いた外科手術による「低侵襲治療」で患者さんの負担を少なくするなど、
QOL(Quality of Life:生活の質)向上に貢献しています。