医療事業を通じた社会貢献早期診断

NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域光観察)


青い光で粘膜表面の毛細血管を強調
緑の光で深部の血管を浮かび上がらす

「ハイビジョン技術」が内視鏡に導入されて以降、飛躍的に鮮明な画像が得られるようになりましたが、従来の光では発見しにくい小さな病変をより見つけやすくするため、光の波長を制御する「光デジタルによる画像強調」を用いた観察技術の開発が進められてきました。
がんなどの腫瘍は、細胞を増殖させるために、血管からの栄養補給を必要とするので、病変の近くには、多くの血管が集まりやすくなると考えられています。そこで、血管の形状や集まり方をより鮮明に観察しやすくするために、特殊な光を照らして画面に表示するのが、NBI(=Narrow Band Imaging )狭帯域光観察です。この技術は、光の三原色のうち、青と緑の光を使って観察します。青い光が粘膜表面の毛細血管を、緑の光が深部の太い血管を浮かび上がらせます。NBIにより血管の形状や集まり方を見ることが、通常の光では見えにくかったがんなどの病変を、ごく早い初期の段階で発見するための重要な手がかりとなるのです。

動画「早期がんなどの発見に貢献するNBI -狭帯域光観察-」 [1分59秒]

早期がんなどの発見に有用な画像強調観察技術“NBI(Narrow Band Imaging=狭帯域光観察)”について、アニメーションにより、分かりやすく解説しています。

細径内視鏡による経鼻内視鏡検査

通常、胃や食道などの上部消化管内視鏡検査は、口から直径8~9mmの内視鏡を挿入する「経口(けいこう)挿入」という方法により行われますが、精密加工技術やデジタル処理技術の革新により、内視鏡の径を5mm程度に細くすることで、鼻からの「経鼻(けいび)挿入」もできるようになりました。内視鏡の挿入部が舌の付け根を通らないため、「咽頭(いんとう)反射」と呼ばれる吐き気に似た反応が出にくく、患者さんの負担軽減が期待できます。


経鼻内視鏡の挿入経路


鉛筆と比較した細径内視鏡の先端部