がん啓発活動<欧州・中東・アフリカ>

欧州・中東・アフリカ:従業員向け大腸がん啓発キャンペーン「Got It?」


「Got it?」イメージ画像

オリンパスの欧州・中東・アフリカを管轄する地域現地法人では、全従業員を対象に、大腸がんに関する知識と予防の重要性を知ってもらうため、「Got It?」キャンペーンを実施しています。このキャンペーンでは、全従業員向けに大腸がん検診に関するリーフレットを配布し、希望する従業員には便潜血検査を受診する機会を設けています。
また、定期的な活動として、専門家によるがん予防の社内基調講演会の開催や、がんに苦しむ若者を支援する慈善団体への支援などを実施しています。

イギリス:「Macmillan Cancer Support」支援活動


「Macmillan Cancer Support」支援活動

「Macmillan Cancer Support」は、専門家向けの医療情報の提供や、がんにより影響を受けている方々を経済的に支援する慈善団体です。Macmillanは、がんによる社会的、感情的、現実的な影響や、より良いがん治療のための活動にも注力しています。オリンパスのイギリス現地法人では、Macmillanの「Macmillan GP」プログラム向けに3年間の教育助成金を支援しています。このプログラムは地域の標準的ながん治療を改善するために設計されたもので、がんの早期診断から治療まで、患者の方々のケアを強化しています。

関連リンク