がん啓発活動<日本>

おなかの健康ドットコム


「おなかの健康ドットコム」サイト

オリンパスは、消化管の各種病気やがん検診、内視鏡による検査や治療について多くの方々に知っていただくため、医学監修のもと、ウェブサイト「おなかの健康ドットコム」 新規タブで開きます を運営しています。
正しい情報を発信し続けることで、人びとの健康維持を応援しています。

胃・大腸がん検診と内視鏡検査に関する意識調査白書


意識調査の内容をまとめた
「胃・大腸がん検診と内視鏡検査
に関する意識調査白書2021」

オリンパスは、18,800人(全都道府県別30~60代男女400人)の一般市民を対象として、胃がん・大腸がんやがん検診、内視鏡検査に関する意識調査を実施し、「胃・大腸がん検診と内視鏡検査に関する意識調査白書2021」としてまとめました。
この白書により、一般市民のみなさまには、がんおよびがん検診についての理解を深めていただくきっかけとして、また医療行政や医療従事者の方々には、胃がん・大腸がん検診・精密検査の受診率向上などにご活用いただくことで、社会に貢献しています。

都道府県別意識調査データ

地方自治体との連携によるがん検診受診勧奨


胃がん・大腸がん検診、
精密検査の受診勧奨用
リーフレット

オリンパスは、がん検診受診率50%超の達成を目指す地方自治体の活動を支援しています。地方自治体とがん対策協定などを締結し、がん検診や精密検査の受診勧奨で使用する資材を提供することで、胃がん・大腸がん検診や精密検査の受診率向上に貢献しています。

  • 自治体のがん対策部門が住民向けにがん検診案内を送付する際に同封するための、胃がん・大腸がん検診や精密検査の受診勧奨用リーフレット
  • 公共施設や医療機関で掲示するための胃がん検診受診啓発ポスター

「がん対策協定」などを締結した地方自治体との取り組み

ブレイブサークル大腸がん撲滅キャンペーン


「BRAVE CIRCLE大腸がん撲滅キャンペーン」サイト

オリンパスは「ブレイブサークル大腸がん撲滅キャンペーン」 新規タブで開きますのオフィシャルサポーター企業の一社として、NPO法人ブレイブサークル運営委員会の活動を支援しています。同NPOは、国・地方自治体や企業と連携し、大腸がん検診啓発用リーフレットとポスターの配布や啓発イベントの実施など、検診対象世代の男女に向けて大腸がん検診の受診を広く呼びかけています。
オリンパスはこのキャンペーンの立ち上げに携わった企業として、同NPOと行政の共催イベントに社員ボランティアが参加するなど活動を支援しています。

がん教育活動、内視鏡キッズ教室


「内視鏡キッズ教室」における
内視鏡機器の操作体験の様子

学校教育の現場では、学習指導要領の改定により「総合的学習の時間」科目や「がん教育」科目の授業が本格的に導入され、学校と企業が連携した授業が進められています。
オリンパスは次世代教育支援の一環として、各地の小学校・中学校や高校と連携し、「内視鏡キッズ教室」などの教育プログラムを開催しています。がんなどの疾患の検査や治療に貢献する内視鏡の役割について説明する講義や、内視鏡機器の操作体験などを通じて、次世代を担う子どもたちにがんの早期発見・早期治療の大切さを伝えています。

ウェブ版オリンパスキッズ教室「学ぼう! 内視鏡とは?」

7月14日は「内視鏡の日」


「7.14(ナイシ)内視鏡の日」
ロゴマーク

毎年、7月14日(ナイシ)は、「内視鏡の日」 新規タブで開きますです。内視鏡医学のさらなる発展と普及を願い、公益財団法人「内視鏡医学研究振興財団」が制定し、日本記念日協会より認定を受けました。
オリンパスは、内視鏡の日に合わせて、内視鏡について多くの方々に関心を持っていただけるような取り組みを行っています。