オリンパスの製品、技術における環境配慮

オリンパスの製品には、製品ライフサイクルの各段階(製品開発、調達、生産、物流、使用等)において、さまざまな環境配慮技術が取り入れられています。ここでは、その一部についてご紹介します。

Smiel for the Earth 人と地球の環境調和のために。

製品開発

医療


ビデオシステムセンター
「OTV-S200/OTV-S300」
製品本体の小型軽量化とランプ長寿命化(LED採用)

科学


システム顕微鏡
「BX53M」
LED光源による消費電力削減、長寿命化

映像


ミラーレス一眼カメラ
「OM-D E-M1 Mark II」
使用時、待機時における消費電力削減

調達

欧州子会社によるグリーン電力の購入

欧州子会社では水力、風力、太陽光等の再生可能エネルギーで発電されたグリーン電力を購入。


グリーン電力証書

生産

主要拠点における環境配慮

生産拠点等、主要な拠点で省エネや節水設備を導入。また太陽光や地熱等の再生可能エネルギーを積極的に利用。


会津オリンパス

物流

科学リターナブルコンテナ活用による包装資材の廃止

国内向け出荷に関して、折り畳み式のリターナブルコンテナを活用することで、外装箱や緩衝材を廃止し、包装資材の使用量を削減。

リターナブルコンテナ活用による包装資材の廃止

使用

ハンドヘルド蛍光X線分析計「VANTA」

検査対象物の成分元素と含有量を非破壊で測定し、リサイクル材料を簡単に選別。また製品や土壌等に含まれる有害物質を迅速に検出。

ハンドヘルド蛍光X線分析計「VANTA」

工業用ビデオスコープ「IPLEX NX」

明るい照明により、わずかな欠陥をシャープかつクリアな画像で再現。航空機、自動車のエンジン検査や風力発電の検査に使用。

工業用ビデオスコープ「IPLEX NX」

その他、オリンパスでは、地球環境への取り組みを含め、さまざまな企業市民活動を行っています。

「企業市民活動」のページへ