写真で伝えたいこと

写真でみんなに伝えたいこと、感じて欲しいこと、なぜ写真という手法を選んだのか…。
写真に対するあらゆる思いを写真家が語ります。

中藤 毅彦が撮影した「愛憎相半ばする東京を見つめ続けて」の写真

愛憎相半ばする東京を見つめ続けて

中藤 毅彦 Takehiko Nakafuji

インタビュー:2019年4月16日/公開日:2019年6月19日

写真家・中藤毅彦氏は、25年にわたって東京を撮り続けています。2018年には、東日本大震災以降の作品をまとめた写真集『White Noise』を発表しました。東京で生まれ育った中藤氏が東京の変化をどのように見てきたのか、強烈な印象を残す作品はどうやって生み出されるのか、お話をうかがいました。

愛憎相半ばする東京を見つめ続けて