写真で伝えたいこと

写真でみんなに伝えたいこと、感じて欲しいこと、なぜ写真という手法を選んだのか…。
写真に対するあらゆる思いを写真家が語ります。

岩合 光昭氏が撮影した「源流をさかのぼると生態系全体が見えてくる」の写真

源流をさかのぼると生態系全体が見えてくる

岩合 光昭 Mitsuaki Iwago

インタビュー:2018年8月22日/公開日:2018年11月19日

南米大陸のほぼ中央に、パンタナールと呼ばれる地域があります。熱帯低層湿原としては世界最大と目されるこの地域は、雨季になると約7割が水没します。このため大規模な開発が難しく、自然が手つかずのまま残されています。その魅力にひきつけられた写真家・岩合光昭氏は、ここ3年間で5回、この地を訪れました。前回のインタビュー『パンタナールの豊かな自然に魅せられて』の後、1か月にわたって撮影した作品を前に、作品の背景や動物写真を撮ることについてお話をうかがいました。

源流をさかのぼると生態系全体が見えてくる