カレンダー撮影記:アメリカ 第9話

第9話:グランドティトン国立公園:編鮮やかに色づく、グランドティトンの秋。オスのムースは、メスを求めて移動する。

北米大陸西部をカナダとアメリカの2ヵ国をまたいで、南北約4,500kmにわたって走るロッキー山脈。この一帯は手つかずの自然が残された野生動物の宝庫で、景観の異なるいくつもの国立公園がある。僕は9月の終わり、そのひとつであるグランドティトン国立公園を訪れた。


カナダガン

ロッキー山脈の一部であるティトン山脈の勇姿を背景に、山麓には赤や黄に色づいた森林が広がり、湖や川と素晴らしいハーモニーを見せている。まさに、息をのむような美しさだ。この雄大な自然に抱かれて、ムースやアメリカクロクマ、アメリカバイソン、ワピチなどの野生動物が棲んでいる。


カナダガン


ムース 野生動物図鑑


アメリカバイソン 野生動物図鑑


ワピチ 野生動物図鑑


アメリカクロクマ 野生動物図鑑

この時期、繁殖期を迎えるオスのムースは、メスを求めて移動する。ある時、立派な角をもつオスのムースに出会った。ビロード状の角袋はむけ、大きな体は艶々としている。彼はしばらくその場に立ち止まっていたが、目は風の流れを追いかけているようだ。やがて、林の向こうの水路に近づいて行った。そこには、一頭のメスがいた。風が運ぶ匂いに吸い寄せられたかのようだった。


ムース 野生動物図鑑