カレンダー撮影記:ガラパゴス 第5話

第5話:サンタクルス島・サウスプラザ島:紺碧の空に、アカハシネッタイチョウの優美な姿。断崖で、強風に飛ばされそうになりながら撮影した。

サンタフェ島から一旦サンタクルス島に戻り、撮影3日目を迎えた。潮が引いた白いビーチを、ウミイグアナが体を引きずるように歩いている。背中にダーウィンフィンチをのせている。浜にはマングローブが生えていて、その剥き出しの根がイグアナのように見えるときがある。
次の撮影地は、サンタクルス島の沖合に浮かぶ小さな島、サウスプラザ島だ。この島は、草地にウチワサボテンが立ち並ぶ独特の光景で、サボテンを主食とするリクイグアナの楽園だ。


ウミイグアナ 野生動物図鑑


ウミイグアナとダーウィンフィンチ 野生動物図鑑


ガラパゴスリクイグアナ 野生動物図鑑

岩場から空を見上げると、アカハシネッタイチョウが舞っている。その優雅な姿を撮るために、断崖に立った。風がすさまじく強く、崖の上でも海の潮吹雪を浴びる。吹き飛ばされそうになりながら撮影した。長い尾羽を伸ばしてスーッと飛ぶ姿は、実にエレガントだ。紺碧の空と海に、白い体と赤いくちばしのコントラストが美しく映える。アカハシネッタイチョウは崖に巣を作り、巣の中にはグレーのふわふわの毛をしたヒナがいた。


アカハシネッタイチョウ 野生動物図鑑