カレンダー撮影記:マダガスカル 第2話

第2話:いよいよマダガスカル島へ。果たして39年前と変わっているだろうか。

僕は2014年9月30日、成田からバンコクを経由してマダガスカル島の飛行場アンタナナリボに降り立った。現地のコーディネーターが迎えにきてくれていたのだが、時間どおりの到着に驚いていた。こんなに時間厳守での運行は珍しいと言う。機内では、ファンの方から、「岩合光昭さん、写真撮らせて!」と声をかけられた。

アンタナナリボからは国内線に乗ってフォールドーファンに降り、そこから車で、最初の撮影地区であるベレンティ保護区へと向かった。フォールドーファンの飛行場を朝9時に出発し、ベレンティ保護区に到着したのは昼の1時。ガタガタ道に揺られての移動だった。


アンタナナリボの入口の看板


ベローシファカ 野生動物図鑑

道の周囲は39年前と比べ、木がすっかり減ってしまい、サイザル麻の畑が広がっている。実は、ベレンティ保護区はサイザル麻の畑を所有しているフランス人オーナーの土地だ。木を伐採してはいるけれど、一方で、所有している土地を野生動物の保護区にするという自然保護活動に取り組んでいるというわけだ。ロッジで昼食を食べていると、ワオキツネザルがテーブルに飛び乗った。39年前は、そんな光景はなかったように思う。近年、野生動物ツアーの観光客も増え、慣れてしまったのだろうか。ワオキツネザルの毛並みが荒れているようにも見える。


ワオキツネザル 野生動物図鑑


ワオキツネザル 野生動物図鑑