カレンダー撮影記:ナミビア 第6話

第6話:砂漠を駆けるダチョウの、カッコいいこと!

ナミブ砂漠の「ナミブ」とは、先住民族の言葉で「広大な」とか「何もない」という意味だという。果てしなく広がるこの赤い砂漠は、その名のとおり、生命の気配など感じられない不毛の地に思われがちだ。ところが、実はそうじゃない。ある日の夕方、砂丘にダチョウを見つけた。僕は撮影するために、急いでクルマを降りた。風紋が描かれた砂丘には、わずかばかりの草が点在し、そこをダチョウが砂煙を巻き上げながら、猛スピードで駆け上っていく。僕はダチョウに駆け寄ろうにも、砂に足をとられて、二歩上っては一歩下がるという調子だが、ダチョウの方は足をとられる様子はまるでない。砂漠を一羽、悠然と駆け抜けていく。シャッターを切ったとき、僕はダチョウのことを、つくづくカッコいいと思った。


ダチョウ

ナミブ砂漠には、ゲムズボック(オリックスのことをナミビアではこう呼んでいる)もいるのだが、彼らの砂漠の歩き方もカッコいい。僕の歩いたところを振り返ると、足跡がバラバラなのだが、彼らの足跡にはムダがない。試しにゲムズボックの足跡をたどってみたら、実に歩きやすい。彼らは砂漠の中で歩きやすいところを知っているようだ。


ゲムズボック(オリックス)


ゲムズボック(オリックス)の足跡