カレンダー撮影記:ナミビア 第7話

第7話:ケープクロス:ミナミアフリカオットセイの強烈な臭いに襲われた。

ナミブ砂漠の次に訪れたのは、大西洋に面したケープクロス。ここはミナミアフリカオットセイの一大コロニーとして知られている。ゲートを通過しないとコロニーに近づけないのだが、朝8時に行ったら、まだ閉まっている。開門は9時からだというが、ラッキーなことにすんなりと入れてくれた。ゲートをくぐると、強烈な臭いが僕を襲う。なにしろ浜は、ミナミアフリカオットセイだらけ。何十万頭ものオットセイの群れで、隙間もないほど埋め尽くされている。鳴き声の大合唱も凄まじい。耳がどうかなってしまいそうだ。ここを訪れる観光客のなかには、あまりの臭いとうるささに、気分を悪くしてしまう人も珍しくないらしい。


ミナミアフリカオットセイ 野生動物図鑑

海にもたくさんのオットセイがいて、なかにはサーフィンを楽しむかのように、波乗りするものがいる。遊んでいるのだろうか。小さいオットセイは波にはじき飛ばされたりするが、からだの大きなオスのサーフィンは迫力がある。サーフィンするオットセイを見物しているオットセイもいる。昼になり、そろそろ食事をとろうかと思ったが、この臭いのなかではとても食べる気にもならず、クルマでホテルに戻ってから食事した。


ミナミアフリカオットセイ 野生動物図鑑