カレンダー撮影記:ナミビア 第8話

第8話:ホアニブ川編:デザートエレファント(砂漠ゾウ)のいる川床へ。

ケープクロスでミナミアフリカオットセイの撮影を終えた僕は、ホアニブ川の方へと北上した。川といっても、水が流れているわけではない。雨季に数回、水が流れるだけで、一年のほとんどは枯れ果てて川床が見えている。川床に沿うようにアカシアなどの緑が茂り、そこは乾燥地帯のオアシスだ。僕がこの一帯を訪れたいちばんの目的は、デザートエレファントに出会うためだ。デザートエレファント、つまり砂漠ゾウとは、砂漠に適応したアフリカゾウのこと。少ない水や食べ物で生きていけるように、他の地域のアフリカゾウに比べて体がやや小さく、木の上の方の葉まで届くよう四肢が長めなのが特徴だ。彼らは緑を食べに、このあたりの丘の間を行ったり来たりしているはず。僕はクルマを走らせデザートエレファントを探す。走らすと言っても、道なき道を行くという具合で、道だと思って進んでも、途中で途絶えたりする。うんざりするほど暑い。はじめに訪れたリューデリッツではダウンジャケットを着ていたのに、ここではTシャツ一枚でも汗がしたたる。


デザートエレファント(砂漠ゾウ) 野生動物図鑑

めざすデザートエレファントの群れを見つけた。砂浴びをしているものもいる。ゾウが砂浴びをするのは、暑さよけや虫よけのためだ。赤茶っぽい色をした砂のせいで、ゾウの体も赤茶っぽく染まっている。ゾウは乾いた川床の深くにある水脈を探りあて、自力で掘って水を飲んだりもする。デザートエレファントは生息数が少なく、移動距離も10kmほどなので、別の日もまた同じゾウに出会った。


デザートエレファント(砂漠ゾウ) 野生動物図鑑