カレンダー撮影記:ナミビア 第11話

第11話:エトーシャ国立公園編-2:エトーシャの水場は、世界屈指の水場だ。

広大なエトーシャ国立公園にはいくつものウォーターホール(水場)があり、ライオン、ゾウ、キリン、サイ、ヒョウ、シマウマ、ヌー、インパラなど、さまざまな野生動物たちが水を飲みにやって来る。


スプリングボック、ケープキリン、ヌー、シマウマ 野生動物図鑑


クドゥ


ホロホロチョウ


セグロジャッカル


イボイノシシ


スプリングボック、ケープキリン

あるときアフリカゾウが水場へと向かっているのに出会った。平原にはスプリングボックの群れがいたのだが、「そこのけ、そこのけ」とでも言っているかのように、群れの中をおかまいなくズシンズシンと分け入っていく。スプリングボックたちは「はいはい、わかりましたよ」とばかりに、脇にどいていた。水場ではいろいろな動物たちが入り乱れて、水を分かち合って飲んでいるのだが、ゾウがやって来ると、ほかの動物たちは遠慮する様子を見せる。それにしても、こんなにも多様な野生動物が一枚の写真に収められる場所は、エトーシャをおいて他にはないと思う。世界で最も有名な水場だ。


アフリカゾウ、スプリングボック


アフリカゾウ