カレンダー撮影記:パンタナール 第6話

第6話:9月に3回目のパンタナール訪問。到着してすぐ、オオアリクイに出会って大興奮。

乾季の9月、僕は三たびパンタナールを訪れた。ブラジルに到着し、ポルト・ジョフレに向けて縦貫道を走っていると、ガイドのMr.ジャガー(僕が名づけたニックネーム)が、アッと何かに気づいた。500mほど離れたところを、摩訶不思議なカタチをした、黒っぽい動物が歩いている。なんと、これまでのパンタナール訪問では見ることができなかったオオアリクイだった。

僕はオオアリクイと出会うのは、人生二度目だ。一度目は、アマゾンの下流域のバナナル島に撮影取材に出かけたときのこと。僕たちが乗っているボートに、川を渡るオオアリクイが近づいてきて、巨大な爪でボートの縁をガシッと掴むと、よじ登ろうとしたのだ。そのときは慌ててガイドが追い払った。全身を見るのは、今回が初めてだ。


オオアリクイ 野生動物図鑑

オオアリクイは、牧場のフェンスの内を歩いている。僕たちも車から飛び出し、ちょっと失敬して、フェンスを越えて中に入った。オオアリクイは、本当に不思議なカタチをしている。顔は細長く、どちらが頭で、どちらが尻尾かわからない。2頭がくっついているようにも見える。体長は2mほどだが、もっと大きいように感じる。一歩の歩幅がかなり大きく、歩くのがけっこう速い。彼はすぐにブッシュに隠れて見えなくなってしまった。僕は逃げてしまうのではないかと気が気じゃないが、Mr.ジャガーは「逃げないよ、藪に隠れて待とう」と言う。しばらくするとオオアリクイは迂回して、なんと僕たちの5mくらい前に、再び姿を現した。僕は興奮して、正面からの彼を撮影した。

パンタナールでもオオアリクイに出会うのは、滅多にあることではない。到着してすぐに会えたとは、実にラッキーだ。今回の撮影取材もうまくいきそうな予感がする。どんな出会いが待っているだろう。楽しみだ。