カレンダー撮影記:パンタナール 第9話

第9話:野生のバクに初めて出会った。ドキュメンタリー番組のような光景だった。

朝早く、ボートに乗って野生動物を探していたときのこと。ガイドが川岸の砂地にバクの足跡を発見した。まだ新しい足跡だという。僕は胸が高鳴った。野生のバクを見たことは、これまで一度もない。今日、初めて、バクの撮影ができるかもしれない。

しばらくすると、水草の陰から何かが出てきた。「バクか?!」と急いでカメラを向けると、残念ながらカピバラだった。ぜひともバクに会いたい僕は、この場に粘ることにした。だが、1時間経っても2時間経っても、バクは姿を現さない。もう、どこか遠くに行ってしまったのか。半ばあきらめかけながら、朝のお弁当を食べることにした。前方を眺めていると150mほど先の茂みが揺れ、動物の頭が見えた。「どうせまたカピバラだろう」と期待を押し殺したら、なんと、待ちに待ったアメリカバクだった!


アメリカバク


アメリカバク

一頭が川に現れると、続いてもう一頭が現れた。オスとメスのペアだ。二頭はじゃれあうように仲睦まじく水草を食べている。こちらには気づいていない様子だ。初めて野生のバクを目の前にしているのに、僕は何だか野生動物のドキュメンタリー番組を見ているような気がした。

そのうちバクは静かにこちらに近づいてきた。しばらくすると、鼻をスッと上に向けた。僕はこの瞬間、「あ、バクが僕たちに気づいたな」と思った。バクはすぐ引き返すのではなく、ゆーっくりと旋回して行った。急な反応を見せないのが、大型野生動物らしい。


アメリカバク 野生動物図鑑

バクは夜行性の動物なので、朝の光で撮影できるのは珍しい。彼らはきっと、これから森に帰って寝ることだろう。それにしても今回のバクといい、先日のジャガーのときといい、なぜお弁当を食べているときに現れるのか。野生動物は気配を敏感に感じとる。「出てこい、出てこい」とこちらが凝視しているときは、張りつめた緊張感が伝わって彼らは警戒し、こちらが力を抜いているときには、彼らも緊張感がゆるんで現れるのではないだろうか。

オオカワウソは表情豊かな動物だ。その一瞬一瞬を逃したくないと、僕はシャッターを切り続けた。