カレンダー撮影記:タンザニア 第3話

第3話:サバンナシマウマは、大きな石を見つけるとお尻をかく。その姿に思わず笑ってしまう。

ンゴロンゴロ・クレーターをサバンナシマウマの群れが歩いている。彼らを見ていると面白い。大きめの石を見つけると、お腹やお尻や首をゴシゴシとこすりつける。背中は、地面でかいている。石はそんなにいたるところにあるわけでなく、石を見つけると、数頭が順番待ち。先のシマウマがかき終わるのを、大人しく待っている。あるとき、石の前でシマウマが立ち止まった。さあ、体をこすりつけるぞと思ったが、かこうとはしない。石の上に、一羽の鳥が留まっていたのだ。先客にとまどったに違いない。「ちょっとどいてくださいな」とでも言いたげな表情がおかしかった。

アシカたちが悠々と泳いでいる。数頭の若いアシカが、追いかけっこしているような動きをみせる。そこに大きなオスが来ると、逃げる。アシカたちは人に馴れているのか、泳いでいる僕の足ヒレをつついてくる。遊びみたいなものだろうか。


サバンナシマウマ 野生動物図鑑

シマウマは、僕が乗っている車のすぐ近くまでも寄ってくる。草を食べていると、シュッシュッとかみ切る音が聞こえてくる。ンゴロンゴロはそれほど、動物たちとの距離が近い。

車を走らせていると、ヌーの群れが見えた。そのまわりをハイエナがうろついている。ハイエナは、誤解されがちな動物だ。よく死肉をあさるとか言われているが、実は彼らは優秀なハンターだ。自分たちで獲物をしとめる。むしろライオンなどが、ハイエナが襲った獲物を奪うことが多い。


ヌーとハイエナ