カレンダー撮影記:タンザニア 第4話

第4話:あそこに見えるのは、「草原の道化師」だ。

乾季でも水が枯れることがないンゴロンゴロには、たくさんのヌーが生息する。ある日のこと、僕の間近で、子のヌーとメスのヌーがいきなり、じゃれあうかのように跳びはねた。これはストッティングと呼ばれる行動で、その姿がおどけたように見えることから、ヌーは「草原の道化師」と呼ばれている。

クレーター内には、たくさんのフラミンゴが集うマガディ湖という塩湖があるのだが、その湖の中を歩いているヌーがいた。塩湖だから水を飲むことはできないのに、なぜ湖を歩いているのだろう。水の中を歩けば、ハイエナやライオンに襲われないと思っているのだろうか。気持ちよさそうに歩いている。


ヌー


ヌー


ヌーとフラミンゴ

草原では、立派な角をもつアフリカスイギュウも見かける。その名もウシツツキという名前の鳥が、スイギュウの体にくっついている虫をつついている。鼻や耳の中までウシツツキが入ってきそうで、スイギュウは「うるさいな」とでも言うように、体を震わせて追い払っている。ケガした部分の肉片をつつかれているスイギュウもいて、痛そうで気の毒だ。

アフリカスイギュウとウシツツキ 野生動物図鑑