カレンダー撮影記:タンザニア 第9話

第9話:4月、雨季のンゴロンゴロを訪れた。茶色だったサバンナは、一面の緑に塗り替えられていた。

2013年7月~8月にかけてンゴロンゴロの撮影取材を行った僕は、いったん帰国した。そして2014年4月、またンゴロンゴロへ出かけた。雨季の野生動物たちを撮りたいと思ったのだ。ンゴロンゴロ・クレーターは緑一色に染まり、乾季とはまるで印象が違う。雨が降ると、ムンムンと草木のニオイが充満する。湿気でかすむかと思ったが、土ぼこりの乾季よりも、よほど視界がクリアだ。

平原にアフリカゾウが散らばっている。彼らは草木を求めて移動し、一日の大半を食べて過ごす。食べると元気になるのだろう、雨季は多くの動物たちにとって、繁殖の季節だ。シマウマやトムソンガゼルの赤ちゃんの姿が見える。雨季は、鳥たちも増える。アマサギが、アフリカスイギュウの回りを離れようとしない。アフリカスイギュウが歩くと虫が舞い、それを食べているのだ。


ンゴロンゴロの風景


シマウマ


トムソンガゼル


アフリカゾウ


セグロジャッカル 野生動物図鑑


アフリカスイギュウ、アマサギ 野生動物図鑑