カレンダー撮影記:タンザニア 第10話

第10話:雨季は、新しいいのちが生まれる季節。母ライオンのやさしげな光景に出会った。


ライオンの親子

ある朝、小高い丘の陰から、メスライオンが現れた。その後に、生後1カ月足らずの子ライオンが見える。お母さんライオンは狩りに出かけようとしているのだろうか、子を溝に隠したい様子なのだが、子はなかなか来てくれない。お母さんは時おり振り返り、やさしい声で呼びかける。その声に促されるかのように子は歩み寄る。親子はまるで、キスをしているように見えた。微笑ましい光景だった。ライオンは、子が小さいうちは群れから離れ、お母さんがひとりで子育てする。小さいときに群れの中にいるのは、かえって危険なのだ。そして、ある時期になると、また群れへと戻る。

ゴイトクトクの泉では、カバの集団が寄り添って固まっている。岩のように、じっと動かない。ここでも親子は、集団からちょっと離れたところにいる。やはり子に事故がないよう、群れから距離をおいて守っているのだ。


ゴイトクトクの泉のカバ


ゴイトクトクの泉のカバ