カレンダー撮影記:屋久島 第6話

第6話:ヤクシカが、おこぼれを頂戴しに来る。

屋久島に生息する主な動物は、ヤクザルとヤクシカだ。ヤクザルはニホンザルの亜種で小柄。ヤクシカもニホンジカの亜種で、ひとまわり小さな体をしている。


ヤクシカ 野生動物図鑑

ヤクザルが木から木へと敏捷な動きを見せる。屋久島には食べ物が豊富なせいか、同じニホンザルの仲間でも、北国のサルに比べて余裕が感じられる。サルが、食べていた木の実を落としてしまうと、そこにヤクシカがおこぼれを食べにやって来る。あまりシカが長くそこにいると、サルは木の上からギーッと声を出す。ヤクシカは警戒心が強いのか、僕が近づくと素早く逃げてしまうシカもいるのだが、サルは平然と木の上で食べ続けている。


ヤクザル 野生動物図鑑


ヤクシカ 野生動物図鑑


ヤクシカ 野生動物図鑑


ヤクザル、ヤクシカ 野生動物図鑑