カレンダー撮影記:屋久島 第10話

第10話:白谷雲水峡で、最高の出会いが訪れた。

僕は10月、ほぼ1年ぶりに6回目の屋久島撮影取材を敢行した。映画『もののけ姫』の舞台になったと言われる、白谷雲水峡を歩く。モスグリーンの苔に染められた、鬱蒼とした森。なるほど、神が住む森のモデルになったこともうなづける、神秘的な世界だ。


屋久島の風景

ある朝、苔むした静寂の森を歩きながら、ここにヤクザルでも現れてくれたら、いい写真が撮れるのになぁ、なんて思っていた。すると僕の眼前に、一頭のヤクシカが現れたのだ。ニホンジカの亜種であるヤクシカは、ひとまわり小さな体をしていて、子鹿のように見えるが、成獣だ。この神秘の舞台にヤクシカが現れてくれるなんて、最高の出会いだ。もののけの森は、粋なはからいをしてくれる。ここぞ、とばかりシャッターを押す。最高の撮影ができた。太陽はとっくに昇っているのだが、光が差し込むのは一瞬で、そのとき苔は鮮やかに輝く。


ヤクシカ 野生動物図鑑