ジェイミーTRUE TO POSSIBILITIES.(自分の可能性を信じるということ)

人生では、誰もが自分の進む道を選択しています。そしてときには、夢を実現するために何らかの助けが必要になることもあります。ジェイミーは、多くの人が見過ごしてしまうような人生の貴重な瞬間を捉えています。オリンパスは、彼がその瞬間を、彼にしか出来ない形で表現するための機会を提供しています。

オリンパスでの私たちの仕事は、人々が今あるものだけではなくまだ誰も気づいていなかった新しい可能性を見いだすことにつながっています。

ジェイミー・マクドナルド

ジェイミー・マクドナルド
オリンパス・ビジョナリー

多くの場合、人生で最大のチャンスは、十分な備えと幸運が重なったときに訪れます。ジェイミー・マクドナルドの場合もそうでした。2月の朝、近道を見つけるつもりで入った裏道で、彼は天職を見つけました。

先を見据えて、いつもオリンパスのカメラを持ち歩いていたジェイミーは、その道沿いで撮影に打ってつけの古い納屋を偶然見つけました。彼は近道のことを忘れて、目の前の田舎の風景の写真を40分間近く撮り続けました。

「それが、私が心の底から自分は写真家だと悟った瞬間でした。これが私の天職だと思ったのです。」「人々が普段見落としてしまうものを写し出すために、私はここに居ます。」

ジェイミーは、オリンパス・ビジョナリー・プログラムによって、写真家としての仕事をより深く追求できるようになりました。

「オリンパスは、写真家のコミュニティのあり方をよく理解していると思います。」「このビジョナリー・プログラムと、私たち写真家からのフィードバックを通じて、写真家とつながるために何が必要かを理解しているのだと思います。」(ジェイミー)

ビジョナリー・プログラムと、そこで提供される機器とサポートにより、ジェイミーは、彼が写し出すストーリーを世界中の人々と共有できるようになりました。

オリンパスのカメラおよびオーディオ製品について、詳しくはこちらをご覧ください。
オリンパスイメージングサイト 新規タブで開きます

オリンパス・ビジョナリー・プログラムは、写真家を後援するオリンパスアメリカ株式会社の公式プログラムです。このプログラムは、フォトグラファーやオリンパスコミュニティに豊かなコンテンツ体験を提供することを目的としています。

このストーリーの動画を見る

動画を再生します

ジェイミーのストーリー ジェイミーのストーリー

THIS IS WHO WE ARE. WE ARE OLYMPUS.

他のストーリーを見る