オリンパスの強み

医療事業

消化器内視鏡シェア(世界):70%※1No.1

オリンパスのテクノロジーが支える圧倒的な世界シェアと成長力

消化器内視鏡世界シェアのグラフ:オリンパスは70%

1950年に世界で初めて実用的な胃カメラの試作機を開発したオリンパスは、それ以来世界最先端の消化器内視鏡製品を産み出し続けることで圧倒的な世界トップシェアを維持してきました。これを支えているのが、これまでの製品開発を通じて培われた光学技術や電子映像技術です。

さらに、消化器内視鏡で培った技術を外科分野でも活用することで、製品領域を拡大し、さらなる成長を目指します。

※1 当社調べ

科学事業

生物顕微鏡、工業用内視鏡シェア(世界):40%※2No.1

顕微鏡から始まり、内視鏡へと受け継がれる光学技術の源泉

工業用内視鏡世界シェアのグラフ:オリンパスは40%

世界トップレベルのシェアを持つ生物顕微鏡はオリンパスの創業事業であり、コアコンピタンス※3である光学技術の源泉です。顕微鏡の重要部品であるレンズの加工技術は、細い内視鏡の先端に取り付ける極小サイズのレンズなど、オリンパスの主力製品に欠かせないものです。

また、産業分野の非破壊検査機器は、開発が加速する新興国やインフラ老朽化対策に取り組む先進国において需要の伸びが見込まれており、今後の成長が期待されます。

※2 当社調べ

※3 コアコンピタンス…自社の核となる技術