フラッシュ撮影

はたらきを見る
効果を見る
カメラで設定する

はたらき

撮影状況や目的に合わせてフラッシュの設定を選びます。FL-50/FL-36などの専用外部フラッシュを使用しているときは、カメラで行った設定は外部フラッシュにも設定されます。一眼レフカメラではフラッシュの使えるシャッター速度に制限があり、シャッターが全開する速度(同調秒時)以下でしか使用できません。明るさが不足してAFが困難な場合の補助光として発光させることもできます。
【オート発光(AUTO) 】
暗いときや逆光のとき、フラッシュが自動的に発光します。カメラが自動的に発光する量も決めます。P(プログラムオート)やA(絞り優先オート)の撮影モードでは、フラッシュが発光する明るさ以下のときは、レンズの焦点距離に応じたシャッター速度に固定されます。S(シャッター速度優先オート)のときは強制発光として動作します。
【赤目軽減 赤目軽減
暗い場所でフラッシュを使って人物を撮影するとき、目が赤く写る現象を軽減します。初めにフラッシュが数回発光し、目が赤く写ってしまう現象を起こりにくくします。実際の撮影に関係する発光は[オート発光]と同じです。
【強制発光 強制発光
撮影の状況に関係なくフラッシュを発光させることができます。オート発光ではフラッシュが光らない状況でも発光します。主要な被写体が暗くても背景が明るく[AUTO]ではフラッシュが発光しない場面などに効果的です。絞り値や被写体の状況に応じてカメラが自動的に発光する量を決めます。速い秒時のシャッター速度は同調秒時で固定されます。
【赤目・強制発光 赤目・強制発光
赤目軽減の予備発光のあと、フラッシュを必ず発光させます。実際の撮影に関係する発光は[強制発光]と同じです。
【発光禁止 発光禁止
カメラが自動で発光することを禁止します。暗いところでもフラッシュを発光せずに撮影できます。フラッシュを起こしていても発光しません。[AFイルミネータ]が[ON]になっていると撮影時に発光はしませんが、暗くてAFが困難なときは補助光の発光は行います。
【スローシンクロ スローシンクロ
通常、オート発光では発光条件のシャッター速度以下の明るさのときは、発光秒時に固定してフラッシュを発光します。スローシンクロに設定するとシャッター速度は固定されず、長い秒時のシャッター速度でフラッシュが使えます。フラッシュの発光するタイミングはあらかじめ設定される[先幕効果]か[後幕効果]によって決まります。
【固定発光(FULL、 1/4、1/16など)】
強制発光と同じですが、あらかじめ設定した発光量で発光をします。
【AFイルミネータ】
被写体が暗くてAFができないときに、フラッシュを使って被写体を照らしてAF動作をします。シャッターボタンを半押ししてAF動作を行う際に繰返し発光します。撮影モードがAUTO(フルオート)やSCENEのときは自動的にフラッシュが起きて発光する機種もあります。それ以外の撮影モードでもフラッシュを起こしていれば、必要に応じて自動的に発光します。あらかじめメニューで設定を[ON]にしておく必要があります。
ページの先頭に戻る

効果を見る

ページの先頭に戻る

カメラで設定する

E-410
E-510
E-420
E-520
E-620
  • スーパーコンパネを使って設定します。
  • OKボタンを押して十字ボタンで[フラッシュ]を選んでコントロールダイヤルを回します。
  • 液晶モニターで設定値を確認できます。
※ ダイレクトボタン[フラッシュ]を押してコントロールダイヤルや左右ボタンで設定することもできます。設定中はファインダー内で設定を確認できます。
スーパーコンパネ
E-30
  • フラッシュボタンとダイヤルを使って設定します。
  • フラッシュボタンを押してメインダイヤルを回します。
    ※ サブダイヤルを回すと[フラッシュ補正]の設定を変えられます。
  • コントロールパネルやファインダー、液晶モニターで設定値を確認できます。
フラッシュボタン
E-P1
E-P2
※ 内蔵フラッシュはありませんので、設定は専用フラッシュを使用したときに働きます。
  • ライブコントロールを使って設定します。
  • OKボタンを押してメインダイヤルまたは十字ボタンで[フラッシュ](フラッシュ)を選んでサブダイヤルを回します。
  • 設定を選択したらOKボタンを押してライブコントロールメニューを消します。
※ スーパーコンパネを使って設定することもできます。画面を表示したら十字ボタンで[フラッシュ]を選んでサブダイヤルまたはメインダイヤルを回して設定します。
ライブコントロール
E-PL1
  • 十字ボタンを使って設定します。
  • フラッシュ](フラッシュ)ボタンを押して十字ボタンの左右を押します。
    フラッシュを使うときは、フラッシュUPスイッチをスライドしてフラッシュを起こします。
※ スーパーコンパネを使って設定することもできます。
ライブコントロール(フラッシュ)
E-P3
E-P5
  • 十字ボタンを使って設定します。
  • フラッシュ](フラッシュ)ボタンを押して十字ボタンの左右を押します。
    フラッシュを使うときは、フラッシュUPスイッチでフラッシュを起こします。
※ スーパーコンパネを使って設定することもできます。
ライブコントロール(フラッシュ)
E-PL3
E-PM1
E-PL5
E-PM2
E-PL6
※ 内蔵フラッシュはありませんので、設定は専用フラッシュを使用したときに働きます。
  • 十字ボタンを使って設定します。
  • フラッシュ](フラッシュ)ボタンを押して十字ボタンの左右を押します。
※ スーパーコンパネを使って設定することもできます。
ライブコントロール(フラッシュ)
E-M5
※ 内蔵フラッシュはありませんので、設定は専用フラッシュを使用したときに働きます。
  • スーパーコンパネを使って設定します。
  • OKボタンを押してタッチ操作で[フラッシュ](フラッシュ)を選んでサブダイヤルを回します。
スーパーコンパネ(フラッシュ)
E-M1
※ 内蔵フラッシュはありませんので、設定は専用フラッシュを使用したときに働きます。
  • レバー位置を2にして、AFボタンを押します。
  • リアダイヤルを回して設定を選びOKボタンを押します。
※ スーパーコンパネを使って設定することもできます。
AF/測光ボタン
E-M10
※ スーパーコンパネを使って設定します。
  • OKボタンを押してタッチ操作で[フラッシュ](フラッシュ)を選んでフロントダイヤルを回します。
  • フラッシュを使うときは、フラッシュUPスイッチでフラッシュを起こします。
スーパーコンパネ(フラッシュ)
アンケートのご協力をお願い致します
ページの先頭に戻る